石川祐希(いしかわ ゆうき)

プロバレーボール選手:パドバ所属。1995年12月11日生、愛知県出身。中央大学法学部政治学科卒業。ポジション:アウトサイドヒッター。身長191cm、体重84kg。血液型:AB。

兄妹で日本代表

 元実業団陸上選手の父と、元実業団バスケ選手の母の間に生まれる。姉と妹の3人きょうだい。妹の真佑(まゆ)も東レアローズに所属するバレー選手で、19年度の日本代表登録メンバーに選ばれている。

バレーとの出合い

 姉の練習に付いて行った時に先生に誘われ、小学4年でバレーを始める。その先生は石川がスポーツが得意なのを知っていて声を掛け、すぐに素質を見抜き、始めて数か月後の全国大会でベンチ入りさせている。

 小学校卒業時の身長は160㎝ほどだったが、中学2年から急激に伸び、卒業時は180㎝を突破した。卒業式では一緒に写真を撮りたい女子生徒が行列を作ったと言う。

史上初2年連続三冠

 星城高校時代はエース、キャプテンとして史上初の2年連続の三冠を達成(インターハイ、国体、春高)。14年に中央大学に進学し、史上最年少で日本代表に初選出。1年生ながら18年ぶりの全日本インカレ優勝に貢献し、MVPを受賞した。

NEXT4とイタリア移籍

 14年12月から15年3月まで、イタリアのプロリーグ、セリエAのモデナに短期移籍。15年4月には石川、柳田将洋、高橋健太郎、山内晶大の4人により、男子バレーの未来を担うユニット『NEXT4』が結成され、同年のワールドカップで大ブレイク、一躍スター選手となった。

 16年の世界最終予選で敗退し、リオ五輪出場はならず。全日本インカレ3連覇を達成した後イタリアに渡り、セリエA・ラティーナにレンタル移籍。シーズン途中での加入で、怪我やリベロでの出場などもあったが、当初の契約を延長してシーズン終了までプレーした。

 17-18シーズンもラティーナでプレー。リーグ途中で一時帰国し、4連覇に挑んだ大学最後のインカレは準決勝で筑波大学に敗れて3位だった。

プロ転向

 18年3月の大学卒業と同時にプロに転向。18-19シーズンはセリエAのエマ・ビラス・シエナでプレーし、チームで唯一全26試合にスタメン出場、中心選手として活躍した。

 19年6月、イタリア・セリエAのパドバに移籍することを発表した。多くのオファーの中から出場機会を最優先に選んだという

史上最高の逸材

 『日本史上最高の逸材』と言われ、高校の先輩でもある日本代表のセッター・深津英臣は「今後石川のような選手は出てこない。『昔はもっとすごい選手がいた』と言われることもあるが、彼に勝る選手は絶対にいない」と最大級の賛辞を送っている。

LAST UP 2019/06/06