髙橋健太郎(たかはし けんたろう)

バレーボール選手:東レアローズ所属。1995年2月8日生、山形県出身。筑波大学卒業。ポジション:ミドルブロッカー。身長201㎝、体重93㎏。

怪我で野球を断念

 父親の影響で幼い頃に野球を始め、プロを目指すも中学時代に肘を怪我して断念。スポーツを続ける気はなかったものの、長身を買われてバレー部に勧誘され、米沢中央高校でバレーを始めた。

スパイクを打てず

 しかしスパイクを上手く打てず、一度はバレーを諦めたが、練習試合で見た弘前工業高校の鈴木頌卓(元FC東京)のスパイクにヒントを得て、真似てみると上達し、ユース日本代表に選出。12年のアジアユース選手権では石川祐希らとともに銅メダルを獲得した。

NEXT4

 筑波大学在学中の14年に日本代表に初選出される。15年4月には髙橋、石川、柳田将洋、山内晶大の4人により、男子バレーの未来を担うユニット『NEXT4』が結成され、同年のワールドカップでも注目を集めた。

東京五輪へ

 16年10月にVリーグ・東レアローズに内定選手として加入。膝や肩の怪我に悩まされ、思うようなプレーが出来ない時期も続いたが、2度目の出場となった19年のワールドカップで活躍し東京オリンピックへ期待をつなげた。

LAST UP 2020/02/12