西田有志(にしだ ゆうじ)

バレーボール選手:ジェイテクトSTINGS所属。2000年1月30日生、三重県出身。海星高校卒業。ポジション:オポジット。身長186㎝、体重82㎏。

5歳でバレーを始める

 両親はバスケットボールの実業団選手だったが、姉兄の影響で5歳で「大安ビートル」に入団してバレーを始める。小学4年で全日本小学生大会に出場。大安中学時代は2年、3年と全国都道府県対抗中学大会(JOC杯)の三重県選抜に選ばれた。

春高出場はならずも

 愛知の星城高校などの強豪からの誘いもあったが地元の海星高校を選択。春高出場はならずも、16年9月の全国ヤングクラブ優勝大会、17年3月のアジアユース選手権で優勝を経験。3年の時に初出場したインターハイはベスト16だった。

史上最年少Vリーグデビュー

 男子選手の多くが大学を経てVリーグ入りする中、高校在学中の17年10月にジェイテクトの内定選手となる。18年1月、男子史上最年少17歳でのVリーグデビューをスパイク決定率約70%で鮮烈に飾ると、翌日は初スタメンを果たしチーム最多の26得点を挙げた。

最優秀新人賞

 18-19V.LEAGUE DIVISION1で最優秀新人賞とサーブ賞を受賞。同年5月の黒鷲旗では準優勝に貢献し、敢闘賞、若鷲賞、ベスト6を受賞した。

初優勝でMVP

 19-20V.LEAGUE DIVISION1ではジェイテクトの初優勝に貢献して初のMVPを受賞。レギュラーシーズンでは総得点とサーブ効果率で日本人記録を更新し、2年連続のサーブ賞と日本人選手初となる得点王に輝いた(ベスト6も初受賞)。

日本代表

 18年4月に日本代表に初選出され、5月のネーションズリーグで国際大会デビューし、9月には世界選手権に出場。東京オリンピックに向けた20年度の日本代表登録メンバーにも選出されている。

衝撃のワールドカップ

 日本男子史上最多の8勝を挙げて4位となった19年10月のワールドカップでは、最終カナダ戦の最終セットでサービスエース5本を含む6連続得点を挙げるなど躍進の原動力となり、ベストオポジットを受賞した。

LAST UP 2020/03/02