ワダマメドットコム

話題の人物のプロフィール、生い立ちを有名人、芸能、スポーツ選手などジャンルにとらわれずに紹介しています

元木大介(もとき だいすけ)

読売ジャイアンツヘッドコーチ。背番号77。生年月日:1971年12月30日。大阪府出身。上宮高校卒業。身長180cm、体重82kg。右投右打。

ワダマメちゃんねる

youtu.be

プロの練習を間近で見て

 野球好きだった家族の影響で幼い頃から野球に親しみ、小学2年で少年野球チームに入団。そのチームは南海ホークス(現ソフトバンクホークス)の練習場で練習していたため、プロ野球選手の練習を間近で見ることができ刺激を受けたという。

王貞治に声を掛けられ

 野球漬けの生活を送り、父親の厳しい指導もあって4番エースとして活躍。6年生の時には当時巨人の監督だった王貞治と写真を撮る機会があり、「大きくなったら巨人軍に入れよ」と声を掛けられている。

歴代2位の甲子園通算本塁打

  中学時代はボーイズリーグで活躍してPL学園や近大附属など多くの強豪校から誘いを受けたが、早くから声を掛けられていた上宮高校に進学。

 甘いマスクでアイドル選手として人気を集め、2年春、3年春夏と3度甲子園に出場。2打席連続を含む通算6本塁打を放ち、3年春は準優勝を飾った(決勝は延長10回サヨナラ負け)。甲子園通算6本塁打は桑田真澄、中村奨成と並んで歴代2位タイ(1位は清原和博の13本)。

巨人以外拒否で浪人生活

 巨人以外は入団拒否を表明した89年ドラフト会議では、野茂英雄のハズレ1位で福岡ダイエーホークスに指名されるも入団拒否。マスコミからはバッシングを受けたが巨人入りを諦められず、ハワイに渡って1年間浪人生活を送った。

クセ者

 翌90年ドラフト会議の1位指名で憧れの巨人に入団。内外野守れる器用さと得点圏打率の高さが示す勝負強さでスーパーサブとして活躍。度々隠し球を成功させるなど長嶋茂雄監督(当時)からは「クセ者」と呼ばれた。2000年にはタレントで元日本テレビアナウンサーの大神いずみと結婚、06年に長男、10年に次男をもうけている。

引退後はタレントに

 05年9月に巨人から戦力外通告。他球団の誘いもあったが巨人にこだわり現役を引退した。引退後は野球解説のほか、持ち前のキャラクターをいかしてタレントととしても活躍。

少年野球世界一

 18年にU‐12日本代表監督に就任し、カル・リプケン12歳以下世界少年野球大会で優勝、大会3連覇に導いた。大会MVPは長男の元木翔大内野手。監督就任は星野仙一氏の推薦だったという。

巨人軍コーチに

 18年10月、読売ジャイアンツ一軍内野守備兼打撃コーチに就任。20年シーズンからヘッドコーチに昇格。20年9月には虫垂炎で一時チームを離脱し、阿部慎之助二軍監督がヘッドコーチ代行を務めた。

通算成績

1205試合 891安打 66本塁打 378打点 打率.262 21盗塁。

関連人物

原辰徳 星野仙一 水野雄仁 吉村禎章

LAST UP 2020/12/01