ワダマメドットコム

話題の人物のプロフィール、生い立ちを有名人、芸能、スポーツ選手などジャンルにとらわれずに紹介しています

小野寺太志(おのでら たいし)

バレーボール選手:JTサンダーズ広島所属。1996年2月27日生、宮城県出身。東海大学卒業。ポジション:ミドルブロッカー。身長201㎝、体重98㎏。

父母とも長身

 両親ともバレーボール経験者の家に一人っ子として生まれる。父は身長186㎝、母は179㎝あるという。

長身を買われて県選抜に

 近所にバレーチームがなく、小学3年で野球を始める。中学校でも野球部に入部したが2年生の時、長身を買われて全国都道府県対抗中学バレーボール大会(JOC杯)の宮城県選抜の選考会から声がかかる。その時は断ったが3年生で再び誘われると、すでに野球部を引退していたため参加。それまでバレーは体育の授業で経験した程度だったが県選抜に選ばれてJOC杯に出場し、オリンピック有望選手に選ばれた。

東北高校に進学

 JOC杯でチーム一丸となって戦ったことでバレーの魅力を知り、県選抜メンバーも進んだ名門・東北高校に進学。親元を離れ、寮生活を送ってバレーに打ち込み、1年生で春高出場。ユース日本代表にも選ばれ、12年のアジアユース選手権では石川祐希髙橋健太郎らとともに銅メダルを獲得した。

日本代表

 14年に東海大学に進学し、同年6月には東京オリンピックに向けた強化指定選手『Team CORE』のメンバーに石川髙橋らとともに選ばれる。翌年日本代表に初登録された。

JTサンダーズ入団

 17年12月にJTサンダーズ(現JTサンダーズ広島)の内定選手となり、18年1月の東レ戦でVリーグデビュー。18-19V.LEAGUE DIVISION1ではチームの準優勝に貢献してベスト6を初受賞。日本代表としても19年のワールドカップで活躍し、過去最多の8勝、28年ぶりの4位に貢献した。

日本記録賞

 19-20では2年連続のベスト6、スパイク賞とブロック賞を初受賞。アタック決定率65.7%は日本人最高記録となり、日本記録賞を受賞した(従来の記録は第8回Vリーグの佐々木太一の63.7%)。

関連人物

石川祐希 髙橋健太郎
20年度男子日本代表登録メンバー

参考文献

【 月刊バレーボール 2020年05月号 】

作品

【 著書・関連書籍など 】

LAST UP 2020/06/13