山口舞(やまぐち まい)

バレーボール選手:岡山シーガルズ所属。1983年7月3日生、三重県出身。大阪国際滝井高校卒業。ポジション:MB、WS。身長176cm。ニックネーム:ユメ、パール。

 三重県志摩半島の最南端・志摩町(現志摩市)に生まる。土地柄よく海で泳ぎ、新鮮な魚を食べて育ったという。

 友達に誘われ小学4年でバレーボールを始める。中学3年の県大会で3位に入って強豪校から誘われ、「日本一を目指したい」と名門・大阪国際滝井高校に進学。寮生活を送り、1年生の時に全国私立高校選手権で優勝。インターハイではベスト8に入り、02年にシーガルズ(現岡山シーガルズ)に入団。

 3年目からレギュラー入りして06年の国体5連覇、07/08V・プレミアリーグでのチーム初のセミファイナル進出に貢献。10/11V・プレミアリーグで通算230試合出場を達成してVリーグ栄誉賞を受賞すると、11/12は2度目のセミファイナル進出を果たし、初のベスト6賞を受賞した。

 全日本は09年に初選出。全日本デビューとなったワールドグランプリは出場機会が少なかったが、怪我の狩野舞子に代わって緊急招集されたグラチャンで大ブレーク。チームでのセンターではなく、ライトでの起用だったものの持ち前のスピードで相手を翻弄して4位に貢献、荒木絵里香とのコンビプレーはブラジル監督からも称賛された。

 翌10年の世界選手権では銅メダル獲得に貢献し、11年のワールドカップは4位。12年ロンドンオリンピックでは銅メダルを獲得した。

 13年からはシーガルズのキャプテンを務め、13/14V・プレミアリーグではチーム史上最高となる2位に貢献し、2回目のベスト6賞を受賞。

 18-19シーズンには杉山祥子(元NEC)が持っていたリーグ通算出場セット数記録1303を更新して1317まで伸ばし、通算出場試合数も櫻井由香(元デンソー)のリーグ記録381試合に並んだが、19年5月の黒鷲旗を最後に現役を引退することを発表した。

LAST UP 2019/04/24