荒木絵里香(あらき えりか)

バレーボール選手:トヨタ車体クインシーズ所属。ポジション:MB。身長186cm。1984年8月3日、岡山県出身。成徳学園高校卒業。ニックネーム:エリカ。

家庭は体育会系

 父は元ラグビー選手、母は元体育教師という体育会系の家庭に生まれる。幼い頃はスイミングクラブに通って厳しい練習に打ち込んだ。そのクラブにはかつて南克幸(元男子バレー日本代表)も通っていたと言う。

大山加奈と高校三冠

 長身を買われて小学5年でバレーに転向。全国都道府県対抗中学大会でオリンピック有望選手に選ばれ、名門・成徳学園高校(現下北沢成徳高校)に進学。大山加奈らと2年生の時に同校初の春高優勝を果たすと、インターハイ、国体も制して高校三冠を達成した。同学年には栗原恵、有田沙織(元上尾)らが揃い『メグカナ世代』とも呼ばれる。

Vリーグ最高記録

 03年に東レ入団。1年目から中心選手となり、同年の第10回Vリーグでベスト6を受賞。07/08V・プレミアリーグでは東レの初優勝に貢献し、MVPを初受賞。スパイク賞、ブロック賞、ベスト6も受賞し、アタック決定率では先野久美子の53.4%を8年ぶりに塗り替える54.69%のVリーグ日本人最高記録を樹立した。

イタリア移籍

 全日本は05年のワールドグランプリでデビューし、06年からレギュラー定着。08年北京五輪は5位に終わったが、ベストブロッカーを獲得。五輪後イタリアのプロリーグ・セリエAの強豪ベルガモにレンタル移籍し、09年5月までプレーした。

全日本キャプテン

 09年5月に眞鍋政義監督のもと新生全日本『火の鳥NIPPON』のキャプテンに就任。09年10月に東レに復帰し、09/10V・プレミアリーグで3連覇に貢献してスパイク賞とベスト6を受賞。10年の世界選手権では32年ぶりのメダル(銅)を獲得した。

 10/11V・プレミアリーグは東日本大震災の影響で打ち切りとなって準優勝に終わったが、11/12は2年ぶり4回目の優勝に貢献して2回目のMVPを受賞。ブロック賞、ベスト6、Vリーグ栄誉賞(個人賞多回数受賞)も受賞した。

ロンドン五輪銅メダル

 12年ロンドン五輪で28年ぶりの銅メダルを獲得。12/13V・プレミアリーグは準優勝に終わるも、敢闘賞(初)、スパイク賞(3年ぶり3回目)、ブロック賞(2年連続3回目)、サーブ賞(初)、ベスト6(4年連続7回目)を受賞。13年5月に全日本キャプテンを木村沙織と交代した。

結婚出産からの復帰

 13年6月、ラグビー選手の四宮洋平と結婚。10月に東レを退社し、14年1月に第一子の女児を出産。上尾メディックスに入団し、出産から5か月で現役復帰。14/15、15/16と2年連続でV・プレミアリーグ、ブロック賞を受賞。16年には4年ぶりに全日本に復帰した。

トヨタ車体移籍

 16年6月に上尾を退団し、トヨタ車体に移籍。16/17V・プレミアリーグではブロック賞(3年連続6回目)とベスト6(2年ぶり8回目)を受賞。全日本でも17年のアジア選手権で10年ぶりの優勝に貢献した。

 チーム史上最高の3位だった17/18V・プレミアリーグではブロック賞(4年連続7回目)、ベスト6(2年連続9回目)を受賞した。

LAST UP 2019/02/19