狩野舞子(かのう まいこ)

元バレーボール選手。1988年7月15日、東京都出身。八王子実践高校卒業。ポジション:WS/S。身長185cm。ニックネーム:マイコ。

家族

 父は元実業団選手で母も元ユニバーシアード選手というバレー一家に生まれ、11歳上の姉・狩野美雪も北京五輪に出場した元Vリーガー(現デフバレーボール女子日本代表監督)。

小・中学校時代

 小学4年でバレーを始める。強制されたわけではなく、テニスの方が好きだったというが、それでも小学生で170㎝を超えた長身を生かして活躍。名門・八王子実践中学に進学すると、全国都道府県対抗中学大会で東京都の優勝に貢献してオリンピック有望選手を受賞。04年3月には柳本晶一監督のもと大谷佐知子、中田久美以来24年ぶりとなる中学生での全日本代表候補入りを果たして注目を集めた。

高校から久光入団

 同年4月に母と姉の母校でもある八王子実践高校に進学。腰のヘルニアに悩まされて満足にプレー出来ない日々が続いたが、07年に姉・美雪のいる久光製薬スプリングスに入団すると、07/08V・プレミアリーグでは開幕戦からスタメン出場。しかし08年2月、試合中に右アキレス腱を断裂、北京五輪出場はならなかった。

 復帰した08/09V・プレミアリーグでは開幕戦から出場して準優勝に貢献し、09年5月の黒鷲旗でも準優勝して敢闘賞、ベスト6を受賞。眞鍋政義新監督のもと全日本にも復帰、11月のグラチャンのエントリーメンバーにも選ばれたが、合宿中に右ひざ半月板を損傷して欠場した。

海外移籍

 10年1月、今度は左アキレス腱を断裂。7月に久光製薬を退団してリハビリに励み、11月にイタリア1部リーグ・パビアに入団、10/11年シーズンをプレーしたがチームは最下位に終わる。11年は全日本に復帰してワールドグランプリに出場(日本は5位)し、10月からはトルコ1部リーグ・ベシクタシュに所属。

日本復帰

 12年ロンドン五輪では28年ぶりの銅メダルを獲得。大会後の9月、2年ぶりに久光製薬に復帰、同時にウイングスパイカーからセッターに転向することが発表された。

 15年6月に久光製薬を退部。休養を経て16年7月にPFUブルーキャッツに入団、ウイングスパイカーとして復帰した。

 18年5月の黒鷲旗を最後に現役を引退した。

LAST UP 2019/02/28