篠田歩(しのだ あゆむ)

東レアローズ男子バレーボール部監督。1979年12月14日生、千葉県出身。筑波大学卒業。身長195cm、体重82kg。ポジション:ミドルブロッカー。ニックネーム:シノ。

中学でバレー部に

 背が高かったため中学校入学と同時にバレーボールを始める。バスケ部もあったが、バレー部の方が先輩が怖くなさそうだったから入部したと言う。

長身ゆえ強豪校から誘われ

 強豪校ではなく目立った活躍はしていないが、長身に目をつけたいくつかの高校から誘われ土浦日大高校に進学。1年生から試合出場するも初めは対戦相手も呆れるほど下手だったが、厳しい練習で実力を身に付け、2年生の時にインターハイでベスト8に入って全日本ユースに選出。

東レ入団

 翌年には全日本ジュニアに選ばれて名門・筑波大学に進学し、全日本インカレ優勝も経験して02年に東レ入団。2年目にレギュラーを獲得し、04年には全日本に初選出されてワールドリーグに出場。04-05年Vリーグは膝痛でチームの初優勝には貢献できなかったが、05年には人生で初めてというキャプテンに就任。

 闘志溢れるプレーでチームを引っ張り、07/08V・プレミアリーグで敢闘賞を受賞すると、08/09は4年ぶりの優勝に貢献。09年黒鷲旗では敢闘賞とベスト6賞を受賞した。

 キャプテンは10年に阿部裕太に譲ったが、熱い気迫でチームを鼓舞し続け、12年度の全日本登録メンバーにも選ばれた。

東レ監督就任

 14年5月の黒鷲旗を最後に現役を引退し、東レのコーチに就任。14/15V・プレミアリーグでは所属選手の不祥事により、シーズン途中に小林敦監督が活動停止処分を受けたため監督代行を務めた。19年6月、東レの監督に就任した。

妻は北陽の伊藤さおり

 10年には5年の交際を経てお笑いコンビ「北陽」の伊藤さおりと結婚。篠田が5歳下で身長差は38センチあるという。

LAST UP 2019/11/16