斉藤仁(さいとう ひとし)

柔道家。ロサンゼルス五輪、ソウル五輪金メダリスト。1961年1月2日-2015年1月20日。青森県出身。国士舘大学卒業。身長180㎝。

柔道一直線に憧れて

 子供の頃から身体が大きく、小学生の頃は相撲をやっていたが、小学6年の時に観たテレビドラマ【 柔道一直線 】に憧れ、中学進学後柔道を始める。

山下に勝つために

 3年生の時に県大会で優勝し、卒業後名門・国士舘高校に進学。元々右利きで柔道も右組み手だったが、柔道部監督から「世界チャンピオンになって、山下泰裕に勝ちたかったら左組み手にしろ」と言われて入学直後に左組み手に転向。2、3年生とインターハイ団体を連覇し、3年生の時は個人戦重量級でも準優勝した。

エベレストには登ったが

 79年、国士舘大学1年の時に全日本学生選手権無差別級決勝で後のライバル・山下泰裕(当時東海大4年)と初対戦。抑え込みで敗れたが、110連勝中の山下をあわやのところまで追い込む善戦を見せて「山下ニ世」として注目を集める。その後世界学生選手権、フランス国際などで優勝。83年には世界選手権(無差別級)で初出場初優勝を果たし、84年にはロサンゼルス五輪95kg超級で金メダルを獲得。しかし全日本選手権では山下に敗れて優勝できず、当時の状況を「エベレストには登ったが、富士山には登っていない」と語っている。

悲願の全日本初優勝

山下との最後の対戦となった85年の全日本選手権決勝でも僅差の判定で敗れ、対山下通算8戦8敗に終わり、1度も勝てないまま85年に山下が引退。86年の全日本は準決勝で敗退し、87年は怪我で欠場。 88年に悲願の全日本選手権初優勝を果たし、史上5人目のオリンピック、世界選手権、全日本の三冠王者となった。

五輪連覇

 日本選手団主将を務めた88年のソウル五輪では日本柔道陣の苦戦が続く中、95kg超級で唯一の金メダルを獲得してオリンピック2連覇を達成した。

 オリンピックを最後に現役を引退し、89年に国士舘大学柔道部監督に就任。一方で日本代表男子監督も務めていたが、北京五輪後の08年10月に退任した。後任はシドニー五輪銀メダルの篠原信一。

 退任後全日本強化副委員長となり、12年に強化委員長に昇格。しかし13年に胆管がんが発覚。闘病生活に入ったが15年1月、がん性胸膜炎により死去した。54歳だった。

殿堂入り

 18年9月、日本人6人目の国際柔道連盟(IJF)の殿堂入りした。

LAST UP 2019/01/05