桑田真澄(くわた ますみ)

元プロ野球選手:投手。1968年4月1日生、大阪府出身。175cm、80kg。PL学園高校卒業。早稲田大学大学院修了。モデルのMattは次男。

 誕生日4月1日は早生まれになるため、2日生まれに変更するよう父親が病院に頼んだが認められなかったという。認められていたら後の『KKコンビ』は誕生しなかった。

 大の野球好きの父親の影響で小学2年でソフトボールチームに入団するとすぐに才能を認められ、2年生ながら6年生と同じトップチームのレギュラー入り。4年生でボーイズリーグ「八尾フレンド」に移って本格的に野球を始めると、その後はチーム練習のほか父親が考案した独自の練習方法で中学卒業まで毎日過酷な練習に打ち込んだ。小学生時代は勉強には手をつけず、今からは想像付かない喧嘩無敵のガキ大将でもあったという。

 中学時代は西山秀二(後に南海、広島、巨人で活躍)とのバッテリーで注目を集めて全国の強豪16校から誘いを受け、83年にPL学園高校に進学。同期の清原和博らと1年夏から出場可能な5大会全てで甲子園に出場。1年夏、3年夏と2度優勝し、桑田自身も戦後最多となる甲子園通算20勝を挙げ、打者としても清原に次ぐ歴代2位の6本塁打を記録。桑田・清原の『KKコンビ』がいたPL学園は高校野球史上最強とも言われる。

 85年ドラフト会議の1位指名で巨人に入団。桑田は早稲田大学進学希望を表明し、巨人は相思相愛と思われた清原の1位指名が確実視されていたため密約を疑われ、ドラフト時に涙を浮かべて同情を受けた清原とは対照的に激しいバッシングを受けた。

 1年目の86年は5月に初登板、6月に初勝利を挙げるも2勝1敗に終わって深刻な自信喪失に陥ったというが、2年目は15勝を挙げて最優勝防御率、沢村賞、ベストナイン、ゴールデングラブ賞を受賞するなど大きく飛躍。その後は斎藤雅樹、槙原寛己と三本柱として活躍し、95年の右ひじ靭帯断裂などの試練を乗り越え、エースとして巨人を支えた。

 06年限りで巨人を退団。メジャーリーグ、ピッツバーグ・パイレーツとマイナー契約を結ぶと07年は開幕直前の怪我を乗り越えて6月にメジャー昇格。19試合に登板するも勝星を挙げられず8月に戦力外通告を受けたが、08年に再びパイレーツとマイナー契約を結んで招待選手としてキャンプに参加。3月にオープン戦ながらメジャー初勝利を挙げたが開幕メジャーならず現役引退を表明した。

 09年1月に早大大学院スポーツ科学研究科1年制コースに合格して憧れの「早大生」となる。翌年3月同コースを首席で修了した。

 19年3月、鈴木大地長官のもと、萩原智子らとともにスポーツ庁参与に任命された。任期は2020年3月末まで。

 ※通算成績
 日本プロ野球:442試合173勝141敗14セーブ 防御率3.55。
 メジャーリーグ:19試合0勝1敗 防御率9.43。

LAST UP 2019/03/02