上原浩治(うえはら こうじ)

読売ジャイアンツ投手。1975年4月3日生、大阪府出身。大阪体育大学出身。身長187cm、体重87kg。右投右打。背番号19。

 小学校入学後父親がコーチをしていた「寝屋川アスナローズ」で本格的に野球を始める。コントロールが良く、ピッチャーを任されたが、中学校に野球部がなく、陸上部に入部。三段跳びや幅跳びをしながら、日曜日にはアスナローズで野球に打ち込んだ。

 東海大学付属仰星高校で野球部に入部したものの上下関係になじめず、野球をやめることも考えたが、3年生になって上級生がいなくなると又楽しくなって、それまでの外野手からピッチャーに転向。しかしエースの建山義紀がいたため目立った活躍はできず、無名のまま終わった。元ラグビー日本代表の大畑大介も同校の同級生。

 大阪体育大学を受験するも失敗、浪人生となって予備校通いの日々を送る。その間は週に一度の草野球程度しかできなかったため、スポーツジムでウェイトトレーニングに励み、冬場には工事現場で警備員のアルバイトも行った。先行きが見えず、悩み続けた19歳当時の辛い記憶を忘れないよう、プロ入り時に背番号を19にしたと言う。

 翌95年に晴れて大体大に進学すると、入学直後の6月の大学選手権でドラフト候補の東北福祉大・門倉健(元巨人)と投げ合っていきなりプロのスカウトから注目され、以降エースとして阪神大学リーグで活躍。1試合21奪三振、通算36勝などのリーグ新記録を樹立し、ノーヒットノーランも達成。日本代表にも選ばれ、97年のインターコンチネンタルカップでは151連勝中のキューバに勝利した。大学時代には中学・高校の体育教員免許も取得している。

 巨人を逆指名してドラフト1位でプロ入り。1年目の99年は15連勝を含む20勝(4敗)を挙げて最多勝、最優秀防御率、最多奪三振、沢村賞、新人王などタイトルを総なめにし、『雑草魂』で流行語大賞も受賞。日本代表でも04年アテネ五輪銅メダルや06年第1回WBC優勝に貢献した。04年には元モデルの美穂夫人と結婚している。

 07年はクローザーを務め、球団新記録の32セーブをマーク。08年は先発に復帰するも調子が上がらずにいたが、北京五輪では登板2試合を無失点に抑え、国際大会の無敗記録を25試合に伸ばす(日本は4位)。同大会を最後に日本代表から引退することを表明した。

 08年は6勝5敗1セーブの成績を残し、日本シリーズ終了後FAでメジャーリーグ、ボルチモア・オリオールズに2年契約で移籍。09年は先発として開幕2連勝を飾ったがその後は故障に苦しみ、1年目は2勝4敗に終わる。10年も序盤は故障に苦しんだが後半からクローザーとなり、8月にメジャー初セーブを挙げるとその後も活躍を続けて13セーブをマーク。

 11年7月に交換トレードでテキサス・レンジャーズに移籍。建山とチームメイトになり、セットアッパーとしてポストシーズン出場に貢献したが、救援投手史上初のポストシーズン3試合連続被本塁打を喫し、ワールドシリーズのメンバーから外れた。

 12年シーズン終了後FAとなり、ボストン・レッドソックスに入団。持ち前の制球力を生かしてクローザー、セットアッパーとして活躍。13年にはリーグ優勝決定シリーズMVPを獲得、ワールドシリーズでは胴上げ投手となった。

 16年シーズン終了後FAとなり、シカゴ・カブスと1年600万ドルで契約を結ぶもシーズン終盤の故障などもあり、17年11月にFAとなる。

 18年3月に巨人に復帰。11年ぶりにオールスターに出場し、世界で二人目、日本人初の日米通算100勝100セーブ100ホールドを達成。シーズン終了後左膝を手術し、自由契約となったが、12月に再契約を結んだ。

 2018年成績:36試合0勝5敗0セーブ14ホールド 防御率3.63 奪三振24。
 ※通算成績(2018年終了時)
 日本プロ野球:312試合112勝67敗33セーブ23ホールド 防御率3.02 奪三振1400。
 メジャーリーグ:436試合22勝26敗95セーブ81ホールド 防御率2.66 奪三振572。

LAST UP 2018/12/27