平尾誠二(ひらお せいじ)

元ラグビー選手。1963年1月21日-2016年10月20日。京都府出身。同志社大学卒業。同大学大学院総合政策科学研究科修士課程修了。

中学校でラグビーを始める

 陶化中学入学後ラグビー部を始める。すぐに夢中になって毎晩欠かさず自主練習にも励み、3年生からは主将を務めて京都ラグビー祭で優勝、中学生選抜「オール京都」にも選ばれた。

スクールウォーズのモデル

 成績も優秀だったため進学校を希望。強豪校からの誘いもあったが、京都ラグビー祭でのプレーに衝撃を受けた京都市立伏見工業高校ラグビー部監督・山口良治から熱心に誘われ同校に進学。オール京都の多くも同校に進学して、躍進の原動力となり、2年生の時に全国大会初出場(ベスト8)。 3年時は主将を務め、同校初の全国優勝を果たした。当時の偉業は後にドラマ【 スクール・ウォーズ 】となった。登場人物・平山誠は平尾がモデル。高校日本代表に選ばれ主将も務めている。

史上最年少で日本代表

 同志社大学では83年~85年に史上初の大学選手権3連覇を達成。82年には19歳4ヶ月の史上最年少(当時)で日本代表に選ばれた。

ワールドカップ初勝利

 大学卒業後1年間英国留学。帰国後の86年に神戸製鋼所に入社し、89年~95年まで日本選手権7連覇を達成。日本代表ではワールドカップに87年の第1回大会から3大会連続出場。91年の第2回大会では主将を務め、日本のワールドカップ初勝利に貢献した。

現役引退

 96年12月に負傷退場した試合を最後に試合から遠ざかり、98年1月に正式に現役を引退。日本代表キャップ35。

 引退後は指導者となり、日本代表監督や神戸製鋼コベルコスティーラーズGM兼総監督を歴任。日本サッカー協会理事も務めた。

 2016年10月、死去した。53歳だった。

LAST UP 2018/12/01