山口良治(やまぐち よしはる)

京都市立京都工学院高校ラグビー部総監督。元ラグビー日本代表。1943年2月15日生、福井県出身。日本体育大学卒業。

教師に憧れた理由

 福井県の若狭に農家の長男として生まれる。7歳の時に母親が死去、その後父親が再婚するも継母と上手く行かず、落ち込むことが多かったがその度に先生に励まされたことで教師に憧れるようになる。

日大から日体大に編入

 一方でプロ野球選手にも憧れ、中学時代は野球部キャプテンも務めたが、農家を継がせたい父親の意向で進学した若狭農林高校(現・若狭東高校)には野球部がなく、先輩に誘われたラグビー部に入部。ラグビーに打ち込んだが、進学した日本大学ではハードな練習と教師を目指した勉強の両立ができず、2年生で日体大に編入した。

大西鐵之祐の下で日本代表

 日体大ではラグビー部でレギュラーとして活躍する傍ら勉強にも励み、卒業後岐阜県の高校に保健体育科教師として着任。しかし日本代表に選ばれたため、67年に教師を辞めて京都市教育委員会に移り、名将・大西鐵之祐監督らの下で7年間日本代表の名フランカー、名キッカーとして活躍した。

112対0で惨敗

 実業団チーム監督の誘いもあったが引退後教師に戻り、74年に当時京都一の不良校と言われた伏見工業高校(現・京都工学院高校)に赴任。翌75年にラグビー部監督に就任するも直後の試合で名門・花園高校に112対0で惨敗。

わずか6年で全国制覇

 惨敗を機に猛練習に打ち込み、翌年の府大会で花園高校を破って優勝すると、81年には全国高校ラグビー大会優勝を成し遂げた。無名だった同校を就任わずか6年で全国制覇に導いた偉業は【 落ちこぼれ軍団の奇跡 】として書籍化され、ドラマ化された【 スクール・ウォーズ 】も大ヒット、2000年に放送されたNHK【 プロジェクトX 】も反響を呼んだ。

伏見工業高校は統合により

 03年に定年を迎え、当時つとめていた京都市スポーツ政策監を退職。伏見工業高校全日制は16年に洛陽工業高校と統合して京都工学院高校となり、現在は同校のラグビー部総監督などを務めている。

LAST UP 2019/09/10