山本清悟(やまもと しんご)

奈良県立奈良朱雀高校教諭。1960年、京都府出身。日本体育大学卒業。

京都一のワル「弥栄の清悟」

 小学生の時に両親が離婚、妹とともに父親に引き取られる。小学生の頃から問題児と言われ、弥栄(やさか)中学校(現開睛中学校)時代は子分を引き連れて暴れ回り、京都一のワル「弥栄の清悟」と呼ばれて恐れられた。

ラグビーはルールのある喧嘩

 76年に京都市立伏見工業高校に進学。4番バッターだった中学時代同様野球部に入るつもりだったが、180cm、90kgの恵まれた体格に目を付けた山口良治先生からラグビー部に誘われる。初めは突っぱねたが「ラグビーはルールのある喧嘩だ」の口説き文句に心を動かされて入部した。

伏見工業初の高校日本代表

 当初は厳しい練習についていけず退部も考えたが、同校が前年に0-112で敗れた名門・花園高校に勝って府大会優勝を遂げた試合に感動して練習に打ち込み、1年生でレギュラー入り。2年生の時には同校初の高校日本代表に選出され、海外遠征にも参加した。高校時代は乱れた生活を改善するため毎日のように喫茶店で一緒に朝食をとり、出席日数が危なくなると家に迎えに来るなど恩師山口から公私に渡って指導を受けたという。

恩師山口と同じ教職の道へ

 山口の母校・日体大進学後もラグビーを続け、レギュラーも獲得。卒業後は山口と同じ教職の道へ進み、86年に県立奈良工業高校の定時制に保健体育科教師として赴任、2001年に全日制に異動した。奈良工業高校は統合により07年度から奈良朱雀高校となり、現在は同校のラグビー部監督も務めている。

スクールウォーズ

 伏見工業ラグビー部がモデルのドラマ【 スクール・ウォーズ 】で松村雄基が演じた「大木大助」のモデルといわれ、2000年に放送されたNHK【 プロジェクトX 】も反響を呼んだ。

LAST UP 2019/04/16