ワダマメドットコム

話題の人物のプロフィール、生い立ちを有名人、芸能、スポーツ選手などジャンルにとらわれずに紹介しています

八代亜紀(やしろ あき)

歌手。1950年8月29日生、熊本県出身。八代市立第六中学校卒業。本名:増田明代。旧姓:橋本。

ジュリー・ロンドンに憧れて

 祖父と父が大の浪曲好きで、浪曲を子守唄代わりにして育つ。祖父と父譲りのハスキーボイスで、子供の頃から町内の集会やお祭りのステージで歌わされたものの、人前で歌うことは苦手だったが、小学5年の時に出合ったアメリカの女性ジャズシンガー・【 ジュリー・ロンドン 】のレコードに衝撃を受け、クラブシンガーに憧れるようになる。ハスキーボイスに抱いていたコンプレックスも消えたという。

父親に勘当され15歳で上京

 中学卒業後バスガイドになったが3ヶ月で退社し、親に内緒でキャバレーで歌い始めるもすぐにバレ、激怒した父親に勘当される。キャバレーを辞め、クラブシンガーを目指して15歳で上京した。

レコードデビュー

 美人喫茶で歌い始めると引き抜きにあい、銀座の高級クラブ『エース』に移って17歳にして念願のクラブシンガーになる。レコード会社からも盛んに誘われるようになったが、レコードデビューを目指していたわけではなく、初めは断っていたが「あなたを必ずスターにする」と熱心に口説かれ、71年に出身地・熊本県八代市からとった芸名「八代亜紀」として【 愛は死んでも 】でデビューした。

全日本歌謡選手権10週勝ち抜き

 しかしレコードは全く売れず、キャバレー回りや前座歌手をする日々が続いたが、72年に歌手生命を賭けて出場したテレビ番組『全日本歌謡選手権』で10週勝ち抜き、グランドチャンピオンとなり、直後に出した【 恋街ブルース 】がヒット。

舟歌

 翌73年には【 なみだ恋 】が大ヒットして日本レコード大賞歌唱賞、日本有線放送大賞優秀賞などを受賞し、『NHK紅白歌合戦』初出場も果たすと、その後も【 おんなの涙 】【 舟唄 】など数多くのヒット曲に恵まれ、歌手としての地位を不動のものにした。

五八戦争

 80年には【 雨の慕情 】が大ヒットし、【 ふたりの夜明け 】がヒットした五木ひろしと賞争いを繰り広げ『五八戦争』と呼ばれた。同年のレコード大賞・大賞は八代が受賞している。【 夜のめぐり逢い 】など石原裕次郎とのデュエットも多い。

マネージャーと結婚

 94年に自身のマネージャーと結婚。2010年には文化庁長官表彰を受賞。13年にはニューヨークの老舗ジャズクラブ『Birdland』でライブを行った。

画家として

 歌手として活躍する傍ら、子供の頃から父の手ほどきを受けた絵画でも評価され、フランスの『ル・サロン』に5年連続入選し、永久会員となっている。

関連人物

五木ひろし 坂本冬美

LAST UP 2020/03/05