ワダマメドットコム

話題の人物のプロフィール、生い立ちを有名人、芸能、スポーツ選手などジャンルにとらわれずに紹介しています

由紀さおり(ゆき さおり)

歌手。1948年11月13日生、群馬県出身。本名:安田章子(やすだ あきこ)。洗足学園短期大学卒業。姉は声楽家・安田祥子

ひばり児童合唱団に入団

 群馬・桐生で生まれたが3歳で横浜に転居。家の近所にあった「ひばり児童合唱団」 に姉・祥子が入団すると、稽古について行くうちに自身も入団。小学1年で日本コロムビアレコードのオーディションに合格し、童謡歌手として活動した。

姉とユニット結成

 中学進学後キングレコードに移籍。合唱団を卒業し、童謡に区切りをつけ、大人の歌を歌うためにジャズを学び、中学生ながら銀座のキャバレーや高級クラブで歌う。一方で姉・祥子と結成したユニット【 ハッピー・ビーンズ 】で、コカ・コーラなど数多くのCMソングを歌唱した。

念願のレコードデビューも

 高校在学中の65年に本名の安田章子で【 ヒッチハイク娘 】で念願のレコードデビュー。その後もシングルをリリースしたが全く売れず。歌手として活躍する夢が叶わず、高校卒業後短大に進学。

夜明けのスキャット

 CMソングなどで歌の仕事を続けていたが、69年、深夜ラジオ『夜のバラード』のテーマ曲を歌ったところ問い合わせが殺到してレコード化が決定。曲は【 夜明けのスキャット 】となり、芸名『由紀さおり』で再デビューすると【 夜明けのスキャット 】は100万枚を超える大ヒットとなり、シングル年間売り上げ1位を記録し、NHK紅白歌合戦に初出場。翌年には【 手紙 】がヒットし日本レコード大賞歌唱賞を受賞、2年連続の紅白出場を果たした(78年まで10年連続出場)。

シンガー・ソング・コメディエンヌ

 歌手活動の傍ら、自ら『シンガー・ソング・コメディエンヌ』を名乗り、【 8時だョ!全員集合 】【 ドリフ大爆笑 】などのバラエティ番組でも活躍。女優としても活躍し、83年の映画【 家族ゲーム 】では日本アカデミー賞助演女優賞にノミネートされた。

結婚・離婚

 中学生の頃にCM音楽ディレクターの大森昭男と出会い、CMソングに起用されるうちに親しくなり、高校3年の終わりにプロポーズされる。父親の猛反対もあって、短大卒業を待っての結婚となり、69年に20歳で結婚。しかし同時期に【 夜明けのスキャット 】が大ヒットし、多忙などですれ違いが生じ、7年の別居を経て83年に離婚した。

童謡コンサート

 82年の自身のコンサートに姉・祥子がゲスト出演し、二人で童謡を歌ったことが反響を呼んでその後も共演を重ね、86年に童謡コンサートをスタート。好評を博し、童謡アルバム【 あの時、この歌 】もヒットして日本レコード大賞企画賞を受賞。紅白歌合戦出場も果たし、全国の中学校を巡る「手作り学校コンサート」も行って童謡の普及に努めている。

再婚・離婚

 37歳の時に子宮筋腫を患い、子宮内膜症を併発して41歳で子宮全摘出手術を受ける。長い闘病と手術で女としての自信を失っていた時に、知人の紹介でアメリカ在住の日本人男性と知り合う。遠距離恋愛を経て2000年にアメリカで結婚したが、06年に離婚した。

ピンク・マティーニ

 11年には世界的音楽集団【 ピンク・マティーニ 】とのコラボレーションアルバム【 1969 】が世界50か国以上で発売・配信され、iTunesジャズ・チャートで1位を獲得するなど大反響を呼んだ。

2019年

 19年にデビュー50周年を迎え、ベストアルバム【 PASSING POINT 】、オリジナルアルバム【 BEGINNING~あなたにとって~ 】をリリースし、全国で記念コンサート『感謝』も開催。

 4月には、天皇陛下即位30年と天皇皇后両陛下のご成婚60年を祝う音楽会に出演し、【 夜明けのスキャット 】など5曲披露した。

関連人物

安田祥子

LAST UP 2020/06/22