ワダマメドットコム

話題の人物のプロフィール、生い立ちを有名人、芸能、スポーツ選手などジャンルにとらわれずに紹介しています

伊藤咲子(いとう さきこ)

歌手。生年月日:1958年4月2日。東京都目黒区出身。堀越高校卒業。

ワダマメちゃんねる


スター誕生!秘話#8 伊藤咲子 ひまわり娘のデビュー秘話

子供の頃から音楽に親しみ

 父親がクラシックの楽譜を書き写す「写譜」を仕事とし、オペラ歌手の砂原美智子さんを大叔母にもつなど、音楽に縁のある家庭で育つ。

スター誕生!で合格

 子供の頃から歌うことが大好きで、中学3年生の時に友達に勧められて『スター誕生!』に出場。テレビ予選で落選するも、ずば抜けた歌唱力を惜しんだ番組スタッフに再度チャレンジするよう勧められ、2度目の出場で合格。第8回の決戦大会プラカードがあがり、デビューを掴んだ。

ひまわり娘

 ロンドンにあるランズダウンスタジオでレコーディングを行った【 ひまわり娘 】で1974年4月にデビュー。【 ひまわり娘 】はヒットして、当時新人歌手の登竜門だったサンプラザ音楽祭でグランプリ、新宿音楽祭では銀賞を受賞。しかし外国人作家を起用したため( 作詞:阿久悠、作曲:シュキ・レヴィ、編曲:ケン・ギブソン)外国曲と判定され、日本レコード大賞は対象外となった。

紅白歌合戦に出場

 74年の12月に発売された3枚目のシングル【 木枯しの二人 】が自身最大のヒットになる。76年には7枚目のシングル【 きみ可愛いね 】で紅白歌合戦初出場を果たした。

結婚と離婚

 89年に11歳上の青年実業家と結婚し、歌手活動を休止。カラオケパブを経営し、夫がオーナーを務めていたが、03年に歌手活動を再開。04年に離婚し、10年に会社員の男性と再婚した。

城みちるとデュエット

 2018年に発売されたデビュー45周年記念アルバム【 恋する名曲娘 】の収録曲【 春風の二人 】では、かつて交際していたことを公言している同じく『スター誕生!』出身の城みちるとデュエットしている。

関連人物

岩崎宏美 城みちる 萩本欽一 森昌子

LAST UP 2021/07/01