五木ひろし(いつき ひろし)

歌手。1948年3月14日生、福井県出身。明治大学付属中野高校卒業。本名:松山数夫(まつやま かずお)。

子供の頃からの歌好き

 父親の影響で子供の頃から大の歌好きで、幼い頃から人前で歌い、ラジオから流れる歌謡曲に聴き入った。

「松山まさる」としてデビュー

 小学5年の時に父親が突然家出し、その後は母親の女手一つで育てられる。中学卒業後歌手を目指して京都に渡り、関西音楽学院に入学。同校で1年間学んだ後、64年5月に上京して作曲家・上原げんとに入門。高校に通いながらレッスンに励むと、同年9月に「コロムビア全国歌謡コンクール」で優勝してコロムビア専属歌手となり、65年に芸名「松山まさる」として【 新宿駅から 】(作詞:古野哲也 作曲:上原げんと)でデビューした。しかし直後に上原げんとが急死、後ろ盾を失ったため飛躍の機会を失い、人気スターの前座歌手となって地方巡業の前座を務めるようになる。

改名を繰り返す

 67年にレコード会社を移り、新しい芸名「一条英一」となったが低迷は続いて食事にも事欠く生活を送り、69年に再びレコード会社を移籍して「三谷謙」となるもヒット曲は出ず、その後はクラブで弾き語りをしていたが、70年に出場した「全日本歌謡選手権」で10週勝ち抜いて審査員の作詞家・山口洋子、作曲家・平尾昌晃に認められ、作家・五木寛之にあやかった芸名「五木ひろし」で71年に【 よこはま・たそがれ 】(作詞:山口洋子 作曲:平尾昌晃)で再デビューを飾った。

よこはま・たそがれが大ヒット

 【 よこはま・たそがれ 】は大ヒットし、同年の『NHK紅白歌合戦』に初出場。その後も【 ふるさと 】【 夜空 】など多くのヒット曲に恵まれ、日本レコード大賞など多くの賞を受賞、日本を代表する演歌歌手となり海外公演も行った。88年には女優・和由布子と結婚している。なお紅白歌合戦には初出場から18年まで48回連続出場し、大トリも6度担当している。

LAST UP 2019/01/11