ワダマメドットコム

話題の人物のプロフィール、生い立ちを有名人、芸能、スポーツ選手などジャンルにとらわれずに紹介しています

高橋尚子(たかはし なおこ)

元マラソン選手。生年月日:1972年5月6日。岐阜県岐阜市出身。大阪学院大学卒業。身長163㎝。血液型:O型。

小出監督のもとに押しかけ

 中学入学後本格的に陸上を始め、岐阜商業高校時代に県大会800mで優勝。大学進学後は1500m、3000mで活躍する一方、ともに教師だった両親の影響で教員を目指し教育実習も行っていたが、陸上を諦めきれずに憧れの小出義雄監督がいるリクルートの合宿に半ば強引に参加すると小出に認められてリクルートに入社。新人歓迎会でアルミホイルを体中に巻き付け自作の「オバケのQ太郎」ダンスを踊ったことで「Qちゃん」と呼ばれるようになった。

監督の勧めでマラソン転向

 リクールトでも初めはトラック競技を行っていたが、才能を見抜いた小出の勧めでマラソンに転向。初マラソンとなった97年の大阪国際女子マラソンで7位に入賞し、小出について行く形で積水化学に移籍。98年3月の名古屋国際女子マラソンを日本最高記録で優勝し、同年12月のアジア大会ではアジア最高記録で優勝。2000年3月の名古屋国際女子マラソンを大会新記録で優勝してシドニー五輪代表の座を獲得した。

日本陸上界女子初の金メダル

 同年9月のシドニーオリンピックでは五輪新記録で優勝。日本陸上界女子初の金メダルを獲得し、10月に女子スポーツ選手初の国民栄誉賞を受賞。01年のベルリンマラソンでは世界最高記録を樹立した。

 しかし03年の東京国際女子マラソンでは終盤に失速して2位に終わりアテネ五輪代表から落選した。

チームQ結成

 05年5月に小出監督から独立し、「チームQ」を結成。同年11月に2年ぶりのフルマラソンとなる東京国際女子マラソンで優勝。しかし連覇を狙った翌年の同大会は3位に終わった。

現役引退

 08年3月、1年4ヶ月ぶりのマラソンとなる名古屋国際女子マラソンに出場したが27位に終わり北京五輪代表から落選。去就が注目されたが現役続行を表明し、東京国際、大阪国際、名古屋国際と3大会連続で出場する意向を示したが、08年10月に現役引退を表明した。

現在

 現在はスポーツキャスター、マラソン解説で活躍するほか日本陸上競技連盟理事なども務めている。

24時間テレビ

 20年8月放送の『24時間テレビ』で1周5キロのコースを走る毎に10万円を募金する「募金ラン」に挑戦し、116キロを走破。吉田沙保里、陣内貴美子、松本薫、野口みずき、土屋太鳳の5人で結成された「チームQ」は120キロを走破し、総額470万円を募金する。

関連人物

小出義雄

LAST UP 2020/08/23