ワダマメドットコム

話題の人物のプロフィール、生い立ちを有名人、芸能、スポーツ選手などジャンルにとらわれずに紹介しています

吉田沙保里(よしだ さおり)

元レスリング選手。元至学館大学副学長。生年月日:1982年10月5日。三重県津市出身。中京女子大学(現・至学館大学)卒業。身長157cm。血液型:O型。

南沙織と河合奈保子から

 元レスリング・フリースタイル57キロ級全日本王者の父とテニスの国体選手だった母の間に、3人兄妹の末っ子として生まれる。女の子の誕生を喜んだ母親により、かつてのアイドル・南沙織と河合奈保子から一文字ずつとって「沙保里」と名付けられた。

ずば抜けた強さで

 父・栄勝さんが自宅で開いていた教室で、3歳からレスリングを始める。ずば抜けた強さで、全国少年少女選手権4連覇、ジュニアオリンピック、全国中学生選手権など数々のタイトルを獲得し、02年に世界選手権、全日本選手権で初優勝。96年アトランタ五輪で小さな身体で世界と戦う田村亮子(現・谷亮子)に感動してオリンピックに憧れる。

金メダル確実の前評判通り

 04年のジャパンクイーンズカップでライバル・山本聖子を破って五輪代表入り。「井上康生北島康介室伏広治以上に金メダル確実」という前評判通りの活躍で55キロ級金メダルを獲得、女子レスリングが正式種目になったアテネ五輪で、日本女子初の金メダリストとなった(初メダルは48キロ級銀メダルの伊調千春)。

119連勝でストップ

 05年に綜合警備保障に入社。07年の世界選手権で女子初の5連覇を達成したが、08年1月の女子ワールドカップで判定負けし、01年12月の全日本選手権準決勝で山本聖子に敗れて以来の公式戦連勝が119でストップ。初出場(96年)からの国際大会無敗記録も114で途切れた。復帰戦となった3月のアジア選手権で優勝。北京五輪では五輪2連覇を成し遂げた。

カレリンの記録に並ぶ

 11年は全日本選抜選手権で優勝(前身の全日本女子選手権を含めて10連覇)。世界選手権では自身の持つ女子連続優勝記録を更新し、アレクサンドル・カレリン(ロシア)の最多連覇記録に並ぶ9連覇を達成。全日本選手権では10連覇を達成した。

五輪3連覇で国民栄誉賞

 12年5月の国別対抗戦決勝でロシア選手に敗れ、08年以来の連勝が58で止まったが、ロンドン五輪では1ポイントも奪われない圧勝で3連覇を達成。五輪後の世界選手権では10連覇を達成し、五輪とあわせて世界大会13連続優勝を達成。カレリンの12を超え、男女通じて史上最多となり、ギネス世界記録に認定。同年11月に国民栄誉賞を受賞した。

世界大会16連覇、200連勝

 階級区分の変更により、14年からは53キロ級を主戦場とし、15年の世界選手権で世界大会16連覇、200連勝を達成。同年末にALSOK(綜合警備保障)を退社してフリーになる。

 16年リオオリンピックでは決勝でヘレン・マルーリス(米)に敗れ、オリンピック4連覇ならず。世界大会連覇は16、連勝は206でストップした。

 20年東京五輪を目指して現役を続行しながら、16年9月には女子日本代表コーチに就任。11月には母校・至学館大学副学長に就任した(18年8月に辞任)。

現役引退

 19年1月、自身のTwitterで現役引退を発表した。

24時間テレビ

 20年8月放送の『24時間テレビ』で1周5キロのコースを走る毎に10万円を募金する「募金ラン」に陣内貴美子、松本薫、野口みずき、土屋太鳳との5人で結成された「チームQ」の一員として参加し、120キロを走破。一人で116キロを走破した高橋尚子と、総額470万円を募金する。

関連人物

伊調馨 栄和人 谷亮子

LAST UP 2020/08/24