有森裕子(ありもり ゆうこ)

元マラソン選手。1966年12月17日生、岡山県出身。日本体育大学卒業。

 小学校では陸上部だったが入学した中学校の陸上部が休部状態だったため中学時代はバスケットボール部に所属。就実高校入学後、陸上部入部を希望したが陸上の名門校ゆえ、無名選手の入部は拒否されたが諦めず、部に通いつめ入部を果たす。高校時代は練習に明け暮れたが目立った成績は挙げられなかった。

 卒業後体育教師を目指して日本体育大学に進学。教育実習なども行っていたが陸上を諦めきれず、名将・小出義雄監督の指導を受けるためリクルート入社を希望。ここでも初めは断られたが熱意が受け入れられ、89年に入社した。

 以後小出監督の下で力をつけ90年に大阪国際女子マラソンに出場、初マラソン日本最高記録(当時)で6位に入賞。 91年、2度目のマラソンとなる大阪国際女子マラソンで当時の日本最高記録で2位に入賞した。

 その後松野明美との代表枠争いを制して92年のバルセロナオリンピックに出場し、銀メダルを獲得。96年のアトランタオリンピックでは2大会連続メダルとなる銅メダルを獲得し、レース後の「自分で自分をほめたい」は96年度の流行語大賞にも選ばれた。

 98年にアメリカ人、ガブリエル・ウィルソンさんと結婚。現在、日本陸連理事や国連人口基金親善大使、NPO「ハート・オブ・ゴールド」代表、スポーツマネジメント会社「ライツ」の取締役などを務めスポーツの普及やカンボジアの支援などに積極的に取り組んでいる。

 引退レースとなった07年2月の第1回東京マラソンでは転倒しながらも完走し5位に入賞した。フルマラソンには通算で12回出場し全てで完走している。08年には北京オリンピックの聖火ランナーを務めた。

LAST UP 2008/04/27