佐野優子(さの ゆうこ)

元バレーボール選手。1979年7月26日生、大阪府出身。北嵯峨高校卒業。ポジション:リベロ。身長159cm。ニックネーム:リョウ。

バレーに没頭

 小学4年で始めたバレーに没頭し、両親の反対を押し切って奈良の強豪・上牧中学校に進学。親元を離れて打ち込むも中学で終わりにするつもりだったが、才能を惜しんだ周囲の勧めで名門・北嵯峨高校に進学。インターハイ3位。

新設のリベロに転向

 98年にユニチカに入社し、同年に新設されたポジション・リベロに転向。2000年にユニチカバレー部が廃部したため、バレー部ごと東レに移籍し、02-03年の第9回Vリーグではサーブレシーブ賞、ベストリベロ賞を受賞した。

アテネ五輪出場ならず

 02年に吉川正博監督のもと全日本に初選出。03年に就任した柳本晶一監督のもとでも全日本入りし、メグカナ人気に沸いた同年のワールドカップでも活躍。しかし04年のアテネ五輪最終予選では成田郁久美がリベロに起用され、五輪代表にも成田が選ばれた。

フランス移籍

 03年8月に東レを退社。しかし移籍同意書が得られず、日本バレーボール協会(JVA)所属という形になったが、04年5月にフランスリーグ・RCカンヌに入団。2シーズンプレーし、06年にはヨーロッパチャンピオンズリーグ・ベストリベロ賞を受賞した。

北京五輪出場

 06年6月、熱心な誘いを受けて久光製薬スプリングスに移籍し、06/07V・プレミアリーグ優勝に貢献してベストリベロ賞を受賞。07年には4年ぶりに全日本に復帰し、08年の世界最終予選で五輪出場権獲得に貢献。悲願の初出場を果たした北京五輪は準々決勝敗退の5位だった。

アゼルバイジャン移籍

 08/09V・プレミアリーグは準優勝で、敢闘賞、サーブレシーブ賞、ベストリベロ賞を受賞。09/10も不動のリベロとして活躍したが、10年7月に久光製薬を退団し、アゼルバイジャン1部リーグIgtisadchi(イトゥサチ)に移籍。同年の世界選手権では銅メダルを獲得した。

ロンドン五輪銅メダル

 12年ロンドン五輪では28年ぶりの銅メダルを獲得し、五輪後ヨーロッパチャンピオンズリーグ限定の契約で、トルコ1部リーグのガラタサライ・ダイキン移籍。チャンピオンズリーグ準決勝で、木村沙織が所属するワクフバンクに敗れたが、ベストレシーバー賞を受賞。13年4月、スイスの強豪・ボレロ・チューリヒ移籍を発表した。

日本復帰

 14年1月、デンソーエアリービーズに入団。選手兼アシスタントコーチとして全日本にも復帰すると同年のワールドグランプリでは初の銀メダル獲得に貢献し、MVPとベストリベロ賞に輝いた。

 15年5月の黒鷲旗を最後に現役を引退した。

LAST UP 2019/09/13