清水邦広(しみず くにひろ)

バレーボール選手:パナソニックパンサーズ所属。1986年8月11日生、福井県出身。東海大学卒業。192cm、99kg。ポジション:オポジット。ニックネーム:ゴリ。

母親の影響でバレー

 ママさんバレーの選手だった母親の影響で、小学4年で本格的にバレーを始める。強豪・美山中学校に進学し、1年生でレギュラー入りしたが、2年生の時に左目にボールを受けて網膜はく離を発症。失明は免れたものの視力が0.04まで低下し、現在もプレー時は左目だけコンタクトレンズを使用している。

ゴリと呼ばれるように

 3年生で復帰し、JOC杯(全国都道府県対抗中学大会)でJVA・JOCカップとオリンピック有望選手を受賞。名門・福井工業大学附属福井高校に進学し、春高やインターハイで活躍したが、3年生のインターハイでは準々決勝でライバル・福澤達哉率いる洛南高校に敗れ、ベスト4入りはならなかった。高校時代に監督からその野性味溢れるプレーを「ゴリラ」と評され『ゴリ』と呼ばれるようになったという。

 東海大では1年生からレギュラー入りし、06年の黒鷲旗で大学勢では18年ぶりに決勝進出(準優勝)してベスト6を受賞し、同年全日本インカレ優勝。

全日本デビュー

 07年のワールドリーグで全日本デビュー。大会途中の緊急召集だったがいきなり大活躍して同年のワールドカップは初戦からスタメン出場。08年は16年ぶりの五輪出場権獲得に貢献し、北京五輪にも出場した(5戦全敗で1次リーグ敗退)。

パナソニック入団

 福澤とともにパナソニック入団が決定し、大学在学中の09年1月から内定選手として08/09V・プレミアリーグに出場。最優秀新人賞は福澤に譲ったが、同年5月の黒鷲旗では黒鷲賞(MVP)を受賞。11月のグラチャンでは32年ぶりとなる4大大会での銅メダル獲得に貢献し、ベストスコアラー賞を受賞した。

 09/10V・プレミアリーグでは2年ぶりの優勝に貢献して初のMVPを獲得(ベスト6賞、スパイク賞も初受賞)し、10年は2年連続の黒鷲賞を受賞。

 12年には歌手・中島美嘉との交際が報道され話題になる。3月末に右足首を手術するも6月のロンドン五輪世界最終予選に強行出場し、大会ベストスパイカーランキング1位に輝くも、日本は4位に終わってロンドン五輪出場はならなかった。

中島美嘉と結婚

 13/14V・プレミアリーグでは2年ぶりの優勝に貢献して2回目のMVPを獲得。14年12月に中島美嘉と結婚。15年のアジア選手権では優勝に貢献し、MVPを受賞。15/16V・プレミアリーグでは初の敢闘賞と3回目のベスト6賞を受賞した。

離婚怪我復帰

 18年2月2日に中島美嘉と離婚。同月18日、試合中に右膝を負傷。右膝前十字靭帯断裂、右内側側副靭帯断裂、半月板損傷などで全治12か月の診断を受ける。リハビリを経て19年2月2日、349日ぶりに復帰したが、膝化膿性関節炎により2月11日に手術を受けた。

 3月のファイナルステージで復帰。パナソニックは新生V.LEAGUE初代王者に輝くとともにリーグ連覇を達成。5月の黒鷲旗では準優勝に貢献し、2年ぶり2回目の敢闘賞と2年ぶり6回目のベスト6を受賞した。

LAST UP 2019/05/06