栗原恵(くりはら めぐみ)

バレーボール選手:JTマーヴェラス所属。1984年7月31日生、広島県出身。三田尻女子高校(現・誠英高校)卒業。身長187cm。ニックネーム:コウ。

 日新製鋼のバレー選手だった父とママさんバレー選手の母のもと、小学4年で本格的にバレーを始める。3950グラムで生まれ、小学6年で176cmはあったという。

 地元の中学に進学したが、兵庫の強豪・大津中学校から誘われ2年生で転校。姫路で一人暮らしをして練習に打ち込み、アクエリアス杯(全国都道府県対抗中学大会)でオリンピック有望選手を受賞。

 高校でも入学後すぐにレギュラー入りし、1年生でインターハイ、国体、春高の高校3冠を達成。2年生のインターハイも制して全国大会4連覇を達成したが、続く国体は決勝で大山加奈荒木絵里香擁する成徳学園に敗戦。春高決勝でも成徳学園と対戦し、歴史に残る激闘となったがセットカウント1対3で敗れた。

 高校3年で全日本デビューし、8チームから誘われて03年にNECレッドロケッツに入団。同年のワールドカップで大山との「メグカナコンビ」で大ブレイクして一躍バレー界のアイドルとなる。翌年は2大会ぶりの五輪出場権獲得に貢献し、アテネ五輪に出場した。

 バレースタイルの違いから五輪後NECを退団。パイオニアレッドウィングスに移籍するも規定により04-05年のVリーグに出場できず、全日本からも外れる。公式戦復帰となった05年5月の黒鷲旗で優勝。05-06年の第12回Vリーグでも優勝に貢献してMVPを獲得した。

 06年に左足種子骨骨折で離脱。半年のリハビリを経て復帰し、07年8月のワールドグランプリで3年ぶりに全日本復帰。11月のワールドカップではアテネ五輪以来の「メグカナコンビ」復活となったが日本は7位だった。

 08年北京五輪は準々決勝敗退で2大会連続の5位。09年には眞鍋政義監督のもと、新生全日本『火の鳥NIPPON』の副キャプテンに就任するも、左ひざの故障でグラチャンを途中離脱。

 10年の世界選手権では銅メダルを獲得したが、11年2月に左ひざ軟骨損傷を手術し、治療専念のため6月にパイオニアを退団。9月にロシア・スーパーリーグの強豪ディナモ・カザンに入団したが、ワールドカップには出場せず。ロンドン五輪最終予選、本大会のメンバーからも外れた。

 12年7月に岡山シーガルズに入団。14年9月に日立リヴァーレに移籍し、18年6月からJTマーヴェラスでプレー。芸能プロダクション「LDH JAPAN」にも所属している。

 19年5月31日付でJTを退団することが発表された。

LAST UP 2019/04/27