小幡真子(こばた まこ)

バレーボール選手:JTマーヴェラス所属。1992年8月15日生、熊本県出身。日本体育大学卒業。身長164㎝。ポジション:リベロ。

小学4年でバレーを始める

 山と海に囲まれた熊本県上天草市で生まれ育つ。かつて久光製薬のバレー部に所属した母親の影響で小学4年でバレーを始める。子供の頃から運動神経抜群で、陸上800mで熊本県3位になったこともあるという。

熊本県選抜から落選

 中学時代は3年間バレー漬けの生活を送る。ポジションはライトだったものの低身長ゆえレシーブを磨いて攻守に活躍し、九州大会に出場。しかしJOC杯(全国都道府県対抗中学大会)の熊本県選抜から落選、この挫折が成長の糧になったという。

リベロ転向

 名門・九州文化学園高校に進学。入部当初はライトもレシーブ力を買われてリベロでの出場も多く、高校2年で本格的にリベロ転向。全国優勝はならなかったが、インターハイでは3年連続ベストリベロ賞を受賞した。

全日本インカレ優勝

 日体大では4年生の時にキャプテンとして21年ぶりの全日本インカレ優勝を達成し、MVPとベストリベロ賞を受賞。15年1月、当時チェレンジリーグに降格していたJTマーヴェラスの内定選手となる。

JTマーヴェラス入部

 15年5月に就任した吉原知子監督のもと、1年でV・プレミアリーグ昇格。16年の黒鷲旗では優勝に貢献し、ベストリベロ賞を受賞した。18-19シーズンからはキャプテンを務めている。

日本代表

 中田久美新監督のもと17年に日本代表に初選出され、同年のアジア選手権で10年ぶりの優勝に貢献、ベストリベロ賞を受賞した。

LAST UP 2019/09/14