吉原知子(よしはら ともこ)

JTマーヴェラス監督。1970年2月4日生、北海道出身。妹背牛商業高校卒業。現役時代のポジション:MB。身長180cm。ニックネーム:トモ。

バレーの町、妹背牛町に生まれ

 バレーの町として知られる北海道の妹背牛(もせうし)町に生まれ、妹背牛中学校入学後バレーを始める。道内トップレベルの強豪ゆえのスパルタ式の過酷な練習に耐え、1年生から全国中学生大会に出場。3年生の時には中学選抜に選ばれた。

 妹背牛商業高校時代は3年連続でインターハイに出場し、3年生の時に全日本に初選出。進学も考えていたが日立黄金時代を築いた名将・山田重雄監督から直々にスカウトされ、88年に日立入社。

日本No.1センター

 以降日本No.1センタープレーヤーとして日立、全日本で活躍し、92年バルセロナ五輪にも出場(5位)。しかし94年にプロ化を巡ってチーム内に混乱が生じ、11月に大林素子と共に突然日立を解雇される。寮からも即日退去を命じられるショックもあったが、活躍の場を海外に求め、95年1月に大林とともにイタリアのプロリーグ・セリエAのアンコーナに入団、日本人初のプロバレーボール選手となった。

日本人初のプロ選手として

 外国人枠により出場機会に恵まれずにいたものの、2月に移籍したローマではレギュラーとして活躍。人気も集めていたが、当時Vリーグ所属の選手しか全日本に選出されない規定があったため、アトランタ五輪を目指して同年5月に帰国し、ダイエーオレンジアタッカーズに入団。

年齢制限で全日本を外れ

 大きな影響を受けたというアリー・セリンジャー監督のもとで、96年アトランタ五輪にも出場(9位)。99年に東洋紡オーキスに移籍し、99-00年の第6回Vリーグでは敢闘賞、ベスト6を受賞。しかし当時全日本が若返りのために設けていた年齢制限に引っかかり、シドニー五輪予選のメンバーには選ばれず、日本も正式競技となった64年東京五輪以降初めて出場権を逃した。

7年ぶりに全日本復帰

 02年5月に東洋紡バレー部の廃部によりパイオニアレッドウィングスに移籍すると、03年に就任した柳本晶一監督のもとで7年ぶりに全日本に復帰し、主将に就任。プレーだけでなく精神的支柱としてもチームを引っ張り、2大会ぶりとなるアテネ五輪出場権獲得に大きく貢献した(アテネ五輪は5位)。

優勝請負人

 所属した国内4チーム全てで優勝を経験して「優勝請負人」と呼ばれ第7回VリーグではMVPを受賞。五輪3大会に出場するなどトッププレーヤーとして活躍し、06年5月に現役を引退した。

 引退後はスポーツコメンテーターとして活躍する一方、09年に筑波大学大学院に入学。体育学を専攻し、11年に修士課程修了。

JT監督に就任

 15年6月にJTマーヴェラスの監督に就任。就任1年でV・チャレンジリーグⅠからV・プレミアリーグに昇格。16、18年には黒鷲旗優勝に導いた。

LAST UP 2019/03/24