中田久美(なかだ くみ)

バレーボール全日本女子監督。1965年9月3日生、東京都出身。NHK学園高校卒業。

久美の由来

 9月3日に生まれたためクミと名付けられる。元々左利きだが右利きに矯正されたことで両手を使いこなせるようになり、プレーに幅が広がったと言う。

同級生は尾崎豊

 ママさんバレー選手だった母親の影響で幼い頃からボールと戯れ、練馬東中学入学後本格的にバレーを始める。同校に「ユタちゃん」と呼ぶ仲の良い同級生がいたが、それが歌手の尾崎豊だと知ったのは尾崎が死去した時だという。

名門に入塾

 中学1年の時、偶然雑誌で山田重雄(日立監督)のバレー塾「LAエンジェルス」が生徒を募集していることを知って応募。受験者900人中、合格者わずか7人の難関を突破し、入塾した。同時に小平第四中学校に転校している。

史上最年少で全日本入り

 その後は毎日過酷な練習に打ち込み、山田の勧めでセッターに転向すると、80年に大谷佐知子とともに史上最年少で全日本に選出され、同年の日中対抗で全日本デビュー。

天才セッターとして

 81年に中学校を卒業して日立に入社(通信制のNHK学園高校にも進学)。1年目の第15回日本リーグで全勝優勝に貢献して新人賞を受賞。「天才セッター」と呼ばれて日本リーグ6連覇、88連勝を達成した日立黄金時代の一員として活躍し、女子最多の4度の最高殊勲選手賞を受賞。全日本でもロサンゼルス、ソウル、バルセロナと3大会連続オリンピックに出場し、18歳で出場したロサンゼルス五輪では銅メダルを獲得した。

指導者に転向

 92年に現役を引退。95年に一度復帰したが、翌年再び引退して日立ベルフィーユのアシスタントコーチに就任。97年の日立退社後は解説や指導、タレント活動のほかモデルとして東京コレクションにも出演。日本バレーボール協会強化委員も務め、08年にはイタリアセリエA・ヴィチェンツァのアシスタントコーチに就任した。

史上初の3冠

 その後もセリエA・ノヴァーラや全日本ユースでコーチを務め、11年9月にV・プレミアリーグ・久光製薬のコーチに就任。12年7月に監督に昇格すると、監督就任1季目で、女子史上初の3冠(全日本選手権、プレミアリーグ、黒鷲旗)を達成した。

全日本監督就任

 2016年10月、全日本女子監督就任が決定した。

LAST UP 2017/05/28