室伏広治(むろふし こうじ)

元ハンマー投げ選手。1974年10月8日生、静岡県出身。中京大学卒業。中京大学大学院体育学研究科博士課程修了。身長187cm、体重99kg。

父はアジアの鉄人

 父はハンマー投げでアジア大会5連覇を成し遂げ「アジアの鉄人」と呼ばれた室伏重信、母はやり投げの元ルーマニア代表(現在は離婚)。妹の室伏由佳も元円盤投げ・ハンマー投げ選手。

 父・重信が息子をハンマー投げ選手にしようと思っていなかったため、子供の頃は特別指導を受けなかったが、10歳の頃に3日間ハンマー投げの動きを徹底的に教え込まれたことがあり、その時身に付けたものが後に役立ったと言う。

高校でハンマー投げを始める

 中学時代は三種競技に取り組むも、成長期に激しい運動をするのは良くないと考えた父の教えで過剰な練習はせず、陸上の名門・成田高校進学後本格的にハンマー投げを始める。瀧田詔生陸上部監督の家に下宿しながら厳しい練習に打ち込み、2年、3年とインターハイを連覇し、2大会とも高校記録を更新。

 93年に父が勤務する中京大学に進学。ジュニア日本記録、学生記録を樹立し、インカレ4連覇も達成。95年には日本人3人目の70m越えも記録した。

父の持つ日本記録を更新

 97年にミズノに入社し、同時に大学院に進学。98年に父の持つ日本記録を更新し、2000年には80m越えを記録。メダルが期待されたシドニー五輪は予選3位の好スタートを切ったが、決勝は雨に泣かされ9位に終わった。

アジア人初の金メダル

 03年には当時の世界歴代3位で自己ベストとなる84m86をマーク。優勝候補として臨んだ04年アテネ五輪はアドリアン・アヌシュ(ハンガリー)に敗れて2位に終わったと思われたが、アヌシュがドーピング違反で失格となり、繰上げで金メダルを獲得。投てき種目での金メダルはアジア人初の快挙だった。

連覇を目指した北京五輪は5位

 連覇を目指した08年北京五輪は5位に終わるも2位、3位の選手がドーピング違反で失格となり、繰上げで銅メダルが決定。しかし10年6月にスポーツ仲裁裁判所(CAS)がドーピング違反の処分を撤回したため、5位が確定した。

世界陸上金、ロンドン五輪銅、日本20連覇

 11年4月に中京大学スポーツ科学部競技スポーツ科学科准教授に就任。8月の世界選手権では金メダルを獲得、世界選手権のメダルは01年の銀、03年の銅に続く3つ目で、金は初。12年ロンドン五輪で銅メダルを獲得。14年には前人未到の日本選手権20連覇を達成した。

現役引退

 16年、2年ぶりに出場した日本選手権で12位に終わってリオ五輪出場ならず、現役引退を表明した。現在は東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会スポーツディレクター、東京医科歯科大学スポーツサイエンスセンター長などを務めている。

LAST UP 2019/08/16