ワダマメドットコム

話題の人物のプロフィール、生い立ちを有名人、芸能、スポーツ選手などジャンルにとらわれずに紹介しています

鈴木敏夫(すずき としお)

株式会社スタジオジブリ代表取締役プロデューサー。元社長。1948年8月19日生、愛知県出身。慶應義塾大学文学部卒業。

子供の頃から映画好き

 邦画好きの父と洋画好きの母の影響で、幼い頃から映画館に通ってジャンルを問わず片っ端から映画を観て育つ。中学生になって字幕が読めるようになると本格的に洋画にはまり、多大な影響を受けたという。

アニメージュの創刊に参加

 72年に徳間書店に入社。週刊アサヒ芸能、月刊テレビランドなどを担当した後、 78年にアニメ情報誌【 アニメージュ 】の創刊に参加。当初はさほどアニメーションに興味はなかったが、創刊時に観たアニメ映画【 太陽の王子 ホルスの大冒険 】(高畑勲・宮崎駿が製作に参加)に衝撃を受け、アニメーションにのめり込んだ。

宮崎駿にいち早く注目

 【 アニメージュ 】では当時まだ無名に近い存在だった宮崎駿にいち早く注目。 82年に【 アニメージュ 】の副編集長に就任すると、同年に同誌で漫画版【 風の谷のナウシカ 】の連載を開始。制作にも参加した映画【 風の谷のナウシカ 】が84年に公開されて大ヒットすると、85年には徳間書店の子会社として「スタジオジブリ」が設立された。

スタジオジブリ社長就任

 86年に【 アニメージュ 】の編集長に就任。その後もスタジオジブリの映画【 となりのトトロ 】【 魔女の宅急便 】などの制作に参加、89年10月に徳間書店を退社しスタジオジブリの製作部長に就任した。

 90年には取締役に就任、以降ジブリ映画のプロデューサーを務めるようになる。05年3月に徳間書店から独立し、「株式会社スタジオジブリ」となると代表取締役社長に就任した。

代表取締役プロデューサーに

 08年2月1日付で代表取締役社長を退任し、代表取締役プロデューサーに就任した。後任は元ウォルト・ディズニー・ジャパン会長の星野康二。

 現在は公益財団法人徳間記念アニメーション文化財団副理事長も務めている。理事長は宮崎駿。

関連人物

米良美一

LAST UP 2020/05/12