ワダマメドットコム

話題の人物のプロフィール、生い立ちを有名人、芸能、スポーツ選手などジャンルにとらわれずに紹介しています

藤田晋(ふじた すすむ)

株式会社サイバーエージェント代表取締役社長。1973年5月16日生、福井県出身。青山学院大学経営学部卒業。

父親はカネボウの工場勤務

 世界的な眼鏡の生産地として知られる福井県鯖江市で生まれ育つ。父親はカネボウの工場に勤務するサラリーマンで、実家は社宅。幼い頃から父親に将棋を教わり、小学4年の時には福井県の大会で優勝している。

ミュージシャンを目指すも

 中学1年の時、当時のバンドブームに乗ってバンドを結成。ボーカルを務め、学園祭ライブでは大声援を浴びてミュージシャンを目指していたが、歌唱力のなさに不安が募って高校3年の時に断念。起業家志望に転向して猛勉強に励み、青山学院大学に合格して上京した。ギタリストの竹内朋康は高校時代の親友。

広告代理店でアルバイト

 大学入学後は麻雀に明け暮れ、雀荘でアルバイトをしながら、1年ほど雀士・桜井章一の麻雀団体『雀鬼会』にも通ったが、2年生の時に大学を留年。雀荘を辞め、バーで働き始めると、そこの先輩に「今のままじゃだめだ。何かを始めるかこの店に就職しろ」と背中を押されたことで一念発起。20歳で、広告代理店でアルバイトを始めるとすぐに夢中になって営業に飛び回り、社内でも一目置かれる存在になる。

ビジョナリーカンパニー

 起業家を目指してはいたものの、社長という存在に憧れを抱けず、迷いが生じていたが、その頃に読んだ【 ビジョナリー・カンパニー 】に衝撃を受けて「21世紀を代表する会社をつくる」決意をする。

サイバーエージェント設立

 5年かけて大学を卒業し、97年に人材派遣会社インテリジェンス(現パーソルキャリア)に入社。採用コンサルティング部門に配属されると、入社直後から土日も祝日もなく1日も休まずに働き続けて高い営業成績を挙げ、凄腕新人として宇野康秀社長(当時)にも目をかけられていたが1年経たずに退社。インテリジェンスの出資を受けて98年3月にサイバーエージェントを設立し、代表取締役社長に就任した。

26歳で東証マザーズに上場

 サイバーエージェントはインターネット営業代行会社としてスタートしたが、すぐにインターネット広告業に移行。クリック保証型バナー広告「サイバークリック」やメール広告「クリックインカム」の販売などで急成長を遂げて2000年3月、創業わずか2年、史上最年少(当時)26歳で東証マザーズに株式上場して大きな注目を集めた。なお藤田の依頼でサイバークリックやクリックインカムのシステムを作成したのは当時「オン・ザ・エッジ」の社長だった堀江貴文。

CyberLDH

 現在はサイバーエージェント社長のほかAbemaTV社長や、FC町田ゼルビアのオーナーも務めている。

 20年6月、サイバーエージェントは株式会社LDH JAPANとの合弁会社として株式会社CyberLDH(サイバーエルディーエイチ)を設立。藤田が代表取締役社長に就任した。

麻雀

 麻雀からは20年近く遠ざかっていたが、14年の麻雀最強戦で優勝、麻雀最強位となる。18年に発足した競技麻雀『Mリーグ』では初代チェアマンに就任。『渋谷ABEMAS』の監督も務めている。

奥菜恵と結婚するも離婚

 なお04年に女優の奥菜恵と結婚したが1年半で離婚。09年9月9日、自身の元秘書と再婚した。

関連人物

奥菜恵

LAST UP 2020/06/15