松本慶彦(まつもと よしひこ)

バレーボール選手:堺ブレイザーズ所属。1981年1月7日生、長野県出身。中央大学卒業。身長193cm、体重77kg。ポジション:ミドルブロッカー。

 長野県長野市に3人姉弟の長男として生まれる。父親は信州そばを製造する「戸隠松本製麺」の社長。

 中学進学後バレーボールを始めるも、並行して取り組んだスキーに力を入れていたが、長身を買われて長野選抜に選ばれたのをきっかけに、名門・岡谷工業高校に進学。本格的にバレーに打ち込むと1年生でレギュラー入りし、抜群のジャンプ力でエースアタッカーとして活躍。98年に同校初の春高優勝を果たす。

 しかし大学バレーに進むとアタッカーとしての限界を感じ、一時は辞めることも考えたが、3年生の時に監督の勧めでセンターに転向。再びバレーに打ち込み、03年にNEC入社。

 最高到達点358cmの日本屈指のジャンプ力を生かしてNECブルーロケッツで活躍し、05-06年の第12回Vリーグではベスト6賞、スパイク賞を受賞。全日本では07年のワールドカップでレギュラーを獲得し、翌年は16年ぶりの五輪出場権獲得に貢献、08年北京五輪にも出場した(5戦全敗の1次リーグ敗退)。

 五輪後の10月、バレースタイルの違いからNECを退社。堺に移籍するも移籍同意書が得られず、規定により08/09V・プレミアリーグには出場できなかったが、09年のグラチャンでは全日本男子32年ぶりとなる4大大会でのメダル(銅)を獲得した。

 10/11V・プレミアリーグでは5年ぶりの優勝に貢献、11年の黒鷲旗では準優勝してベスト6を受賞。13/14に通算230試合出場を達成してVリーグ栄誉賞を受賞した。

 18-19レギュラーラウンドでV.LEAGUE通算出場セットが1189となり、通算出場セット数日本記録を更新した。従来の記録は酒井大祐(JT/サントリー)の1183。

 なお夫人の小由樹さん(旧姓:安武)もかつて日立で活躍した元バレー選手で、男児をもうけている。

LAST UP 2019/02/28