小堺一機(こさかい かずき)

コメディアン。1956年1月3日生、東京都出身。専修大学経営学部卒業。

子供の頃からTV出演

 生まれは千葉・市川だが、小学2年で浅草に引越し。両親の影響で子供の頃から大の映画好きで、浅草に住んでいた頃は一人で映画館に通ったという。

 小学4年で目白に転居。この頃に映画【 青きドナウ 】を観てウィーン少年合唱団に憧れ、「NHK東京放送児童合唱団」に入団。レッスンに通ううち、持ち前のひょうきんさが関係者の目に留まり、NHK『歌はともだち』にレギュラー出演した。

色弱でデザイン系高校を断念

 声変わりにより合唱団を退団。中学時代は演劇部で部長を務める傍ら、デザイナーに憧れてデザイン系の高校を目指していたが、中学2年の時に色弱と診断されて断念し、都立市ヶ谷商業高校に進学。

ぎんざNOW・勝アカデミー

 一浪して専修大学に進学し、在学中の77年、『歌はともだち』のメンバーだった山尾百合子に勧められ、バラエティー番組『ぎんざNOW』の「素人コメディアン道場」に出場。5週勝ち抜き、第17代チャンピオンに輝いた。

 大学卒業後勝新太郎主宰の俳優養成所「勝アカデミー」に第1期生として入学し、1年間演技を勉強。同期生にルー大柴がいる。

関根勤と

 卒業後芸能事務所・浅井企画に所属すると、放送作家・大岩賞介の勧めで、先輩・関根勤と組んで活動するようになり、「クロコとグレコ」として出演した『欽ちゃんのどこまでやるの!?』で人気を獲得。

ライオンのごきげんよう

 84年には司会を務める昼の番組『ライオンのいただきます』がスタート。『ライオンのいただきますⅡ』を経て『ライオンのごきげんよう』となり、15年3月まで続いた。04年にはレギュラー番組を一時降板して、頸部腫瘤を手術。がん細胞も見付かったが、すべて摘出した。

父と息子

 現在長男の小堺翔太もフリーアナウンサーとして活躍している。父・秀男さんは寿司職人で第9次、第15次と2度南極地域観測隊員に調理人として参加した経験を持ち、97年にはテレビ番組の企画で父子で南極を訪れた。

LAST UP 2017/06/22