加藤武(かとう たけし)

俳優。1929年5月24日-2015年7月31日。東京都出身。早稲田大学文学部英文科卒業。

エノケンに夢中になる

 東京築地の魚市場で仲卸業を営む家に5人兄弟の三男として生まれる。子供の頃から芝居が好きで、小学生の頃は学校近くにあった日劇に通い、憧れの喜劇役者『エノケン』こと榎本健一に夢中になる。

勤労動員で終戦まで軍需工場に従事

 第一志望の府立三中(現・都立両国高校)に落ち、第二志望の麻布中学に進学。同じく後に芸能界で活躍する同級生の小沢昭一、フランキー堺、仲谷昇らと親友になるも、次第に戦火が激しくなって3年生になると勤労動員され、終戦まで軍需工場に従事した。陸軍士官学校の試験も受けたが、色覚異常と偏平足により身体検査で不合格になったという。

今村昌平、北村和夫と出会う

 戦後学校に戻ると芝居にのめり込み、小沢らと演劇部を結成。第二早稲田高等学院を経て、早稲田大学に進学すると演劇研究会で今村昌平北村和夫と出会い、小沢も一緒に演劇に打ち込む。

中学教師になるも芝居を諦めきれず

 北村、小沢は在学中にそれぞれ文学座、俳優座で本格的に俳優修業を始めたが自身はそこまでの決心がつかず、大学卒業後中学校の教師となる。しかし芝居を諦めきれず1年で退職し、52年に劇団文学座の研究所に入所した。

悪い奴ほどよく眠る

 その後は舞台、映画、ドラマで活躍し、代表作【 悪い奴ほどよく眠る 】など黒澤明監督作品や今村昌平監督作品に数多く出演。74年に文学座を離れて、小沢が座長の芸能座に移ったが80年に文学座に復帰。

サウナで倒れて急死

 09年にはNHK大河ドラマ【 天地人 】に出演。俳優として活躍を続け、文学座代表も務めていた15年7月、サウナで倒れて急死した。86歳だった。大きな病気の経験もなく前日までは元気で、9月には主演舞台【 すててこてこてこ 】の上演が予定されていたという。

LAST UP 2018/12/24