山本昌邦(やまもと まさくに)

元サッカー選手、アテネ五輪日本代表監督。1958年4月4日生、静岡県出身。国士舘大学卒業。身長182cm、体重77kg。

 子供の頃からスポーツ万能で、小学5年から本格的にサッカーを始めると恵まれ体格を生かしてセンターフォワードとして活躍。中学時代は陸上にも取り組み、県大会400mで5位に入賞して陸上強豪校から特待生の誘いを受けたが、一般受験で日大三島高校に進学しサッカー部に入部。

 高校進学後ディフェンダーに転向し、地元紙では『東部のベッケンバウアー』と評されるも全国的には無名だったが、練習試合で山本のプレーを見た当時の国士舘大学サッカー部監督・大澤英雄から高く評価されて同大の練習に参加するようになり、特待生として進学。

 1年からレギュラーとして活躍し、79年に総理大臣杯で優勝。一方で77年にユース代表、79年にユニバーシアード代表に選ばれると80年からは日本代表に選出。多くの実業団から誘いを受け、81年に地元静岡のヤマハ発動機に入社した。

 ヤマハでは主に左サイドバックを務め、82年に日本リーグ2部で優勝。83年には天皇杯を制したが、左肩の脱臼癖に悩まされ87年に現役を引退。引退後ヤマハのコーチに就任して指導者としての活動をスタートした。ヤマハではスカウトとしても活動し名波浩や高原直泰、福西崇史らの獲得に貢献している。

 92年に日本サッカー協会ナショナルコーチングスタッフに就任し、その後ユース代表、五輪代表、日本代表のコーチなどを歴任。日韓ワールドカップでは代表コーチ、アテネオリンピックでは監督を務め、04年11月から06年6月まではジュビロ磐田の監督を務めた。現在は主に解説者として活躍している。

LAST UP 2009/03/06