三浦友和(みうら ともかず)

俳優。1952年1月28日生、山梨県出身。都立日野高校卒業。本名:三浦稔(みうら みのる)。二人姉弟で姉は元歌手。義兄はラリードライバーの篠塚建次郎。

 子供の頃は警察官だった父親が勤務してた山梨の駐在所に居住。4歳の時には駐在所が警察の記録映画の撮影に使われ、僅かながら家族とともに出演もしている。

 父親が東京の会社に転職したため、小学3年で東京に転居。【 ザ・ビートルズ 】に憧れて中学でギターを始め、都立日野高校時代はバンドを結成してドラムを担当。ロックバンド【 RCサクセション 】の忌野清志郎(09年死去)は高校の同級生で、同じクラスにはならなかったが毎朝同じバスに乗り合わせたこともあって家に出入りするほど親しくなり、多大な影響を受けたという。

 高校卒業後日本電子工学院(現日本工学院専門学校)に入学するも半年で中退し、RCサクセションのメンバー・破廉ケンチとアパートを借りて共同生活を始める。アルバイト生活を送りながらRCサクセションのローディー(裏方)のようなことも務め、ファーストアルバム【 初期のRCサクセション 】の収録曲【 言論の自由 】ではボンゴを演奏している。

 自分でもミュージシャンを目指していたが、才能に限界を感じて断念。演劇に興味を持ち始めると、RCサクセションの関係者にプロダクションを紹介してもらい、72年テレビドラマ【 シークレット部隊 】でデビュー。アイドル、俳優として活躍し、レコードデビューも果たして、作詞作曲やコンサートなど音楽活動も行った。

 74年にグリコのCM撮影で共演者として山口百恵と出会う。同年には初出演の映画【 伊豆の踊り子 】で再び山口百恵と共演。その後も映画【 潮騒 】やテレビドラマ【 赤いシリーズ 】など数多くの作品で共演し、『ゴールデンコンビ』と呼ばれて絶大な人気を集めた。

 劇中で恋人役を務めながら、私生活でも交際を重ねる。撮影でずっと一緒だったのでデートは必要なかったという。79年の正月、CM撮影で訪れたハワイでプロポーズし、80年11月に結婚。結婚と同時に山口百恵は芸能界を引退した。同年10月の【 引退コンサート 】は今も伝説として語り継がれている。84年に長男、85年に次男が誕生した。

 04年に放送されたスペシャルドラマ【 弟 】では後年の石原裕次郎役を好演して高視聴率を記録。05年に出演した映画【 ALWAYS 三丁目の夕日 】もヒット作となり、07年公開の続編【 ALWAYS 続・三丁目の夕日 】も再びヒット作となった。

 現在長男・祐太朗、次男・貴大も芸能界で活躍している。

LAST UP 2019/03/06