ワダマメドットコム

話題の人物のプロフィール、生い立ちを有名人、芸能、スポーツ選手などジャンルにとらわれずに紹介しています

石原まき子(いしはら まきこ)

元女優。株式会社石原プロモーション代表取締役会長。生年月日:1933年7月23日。東京都目黒区出身。目黒第二中学校卒業。旧芸名:北原三枝。本名:石原まき子。旧姓:荒井。愛称:マコ。

生い立ち・若い頃

 東京・目黒で生まれたが戦時中は山梨に疎開。終戦後東京に戻ると姉に連れられて観た宝塚歌劇に感動したのがきっかけとなり、家計を助けるためにもと中学校卒業後、日劇ダンシングチームに入団。しかし厳しいレッスンや戦後の食糧難による栄養不足などから身体を壊して52年に退団。同年に映画会社・松竹に入社して女優「北原三枝」となる。

石原裕次郎と出会い一目で恋に落ちる

 54年に日活に移籍し、スター女優として活躍していた56年、映画【 太陽の季節 】にちょい役で出演していた石原裕次郎と日活のスタジオで出会う。裕次郎は本格的に俳優活動を始める前だったが、1つ年下の裕次郎が放つオーラに圧倒され、一目で恋に落ちる。一方の裕次郎も高校時代に映画【 君の名は 第二部 】を観て以来北原三枝の大ファンで、会わせてくれとプロデューサーに頼んでいたという。

高身長のゴールデンコンビ

 同年に映画【 狂った果実 】で裕次郎と初共演を果たすと、当時としては珍しいスラリと伸びた長身の二人はその後もゴールデンコンビとして【 俺は待ってるぜ 】【 嵐を呼ぶ男 】など数々の映画で共演するとともに交際を重ねる。

駆け落ち同然でアメリカ行き

 二人は結婚を決意するも大スター同士ゆえ周囲から猛反対されたが、60年1月にアメリカに逃避行したのをきっかけに周囲も認めるようになり、同年12月に裕次郎と結婚。同年公開の映画【 闘牛に賭ける男 】を最後に女優を引退した。

石原裕次郎氏去

 結婚後は芸能活動をせず、妻として俳優・石原裕次郎を支え続けたが、87年に裕次郎が死去。子宝には恵まれなかった。

石原裕次郎記念館

 現在は石原プロモーション代表取締役会長。かつて館長を務めた石原裕次郎記念館は17年8月末で閉館した。

石原プロモーション解散

 20年7月17日、石原裕次郎の命日に、石原プロモーションは21年1月16日をもって芸能事務所としての業務を終了すると発表した。裕次郎は「俺が死んだら即会社をたたみなさい」と遺言していたという。

LAST UP 2020/07/17