ワダマメドットコム

話題の人物のプロフィール、生い立ちを有名人、芸能、スポーツ選手などジャンルにとらわれずに紹介しています

団野村(だん のむら)

野球代理人。1957年5月17日生、東京都出身。

野村沙知代とアメリカ人男性の長男

 元プロ野球選手・野村克也(20年死去)の妻・沙知代(17年死去)と前夫のアメリカ人男性の長男。弟はスポーツアドバイザー・ケニー野村。元プロ野球選手の野村克則は異父弟。

日本育ち

 幼い頃に短期間アメリカで過ごした以外は大学入学までずっと日本で暮らし、小学校から高校までアメリカンスクールに通学。子供の頃はソフトボールをやり、中学校で野球を始める。アメリカンスクールゆえ日本の野球大会には出場できなかったが、高校時代には野村克也のつてで、夏休みを利用して名門・近畿大学附属高校野球部の練習に参加。朝から晩までの練習は辛かったが、同世代の仲間と苦楽を共にした3か月は忘れられない経験になったという。

ヤクルトにテスト入団

 高校卒業後渡米し、カリフォルニアの大学に入学するも2年で中退。帰国してヤクルトスワローズにテスト入団した。それ以前にも2度巨人の入団テストを受験、1度目は高校卒業時で2次試験を通るも大学が始まって断念。2度目は大学2年の時で最終まで残ったが不合格に終わった。

母が野村克也と再婚

 78年から81年までヤクルトスワローズに内野手として在籍するも1軍出場はなし。当初は「伊東克明」名だったが、母・沙知代が78年に野村克也と再婚したため登録名を「野村克晃」に改名、同じ頃に日本国籍を取得している。なおヤクルト時代の監督は広岡達朗と武上四郎で、野村克也の下でプレーした経験はない。

野球代理人に

 81年に現役を引退して渡米。職を転々とした後、アメリカ独立リーグ「サリナス・スパーズ」のオーナーとなる。同チームに在籍していたマック鈴木の代理人となり、メジャー移籍を実現させたのをきっかけに、同年に「ダン野村オフィス」を設立し、本格的に代理人業を開始した。

野茂のメジャー移籍に尽力

 野茂英雄のメジャー移籍に尽力したほか、伊良部秀輝、吉井理人なども担当し、08年に日本法人を「KDNスポーツジャパン」、アメリカ法人を「KND MANAGEMENT INC.」と組織を改編。現在は日本、アメリカのほか中南米やアジアの選手も手掛け、かつてはダルビッシュ有も担当。野村克也のマネジメントも行った。

 なお代理人にしては珍しく弁護士資格を持っていない。

野村克也死去

 20年2月に継父・野村克也が死去した際には遺体写真を自身のTwitterに投稿し、物議をかもした。

関連人物

ケニー野村 中島国章 渡辺俊介

LAST UP 2020/07/24