ワダマメドットコム

話題の人物のプロフィール、生い立ちを有名人、芸能、スポーツ選手などジャンルにとらわれずに紹介しています

泰葉(やすは)

歌手、タレント。1961年1月17日生、東京都出身。本名:海老名泰葉。桐朋学園大学音楽学部中退。

父は昭和の爆笑王

 「昭和の爆笑王」と呼ばれた落語家・初代林家三平(本名:海老名泰一郎)と母・香葉子の次女として生まれる。4人姉弟で姉は俳優・峰竜太の妻で元タレントの海老名美どり、二人の弟は落語家・九代目林家正蔵(旧・こぶ平)と二代目林家三平(旧・いっ平)。

 自宅は父の弟子が住むなど落語家の出入りが多く、中学時代には新進の天才落語家として注目を集めていた春風亭小朝も訪れ、初めて会った小朝の色っぽさに強く惹かれたと言う。

芸大を目指すも

 幼い頃からクラシック音楽に親しみ、声楽家を志望して都立芸術高校に進学。東京芸術大学を目指してレッスンに励んでいたが、父・三平が病気で倒れたため(80年に死去)進学を断念し、81年に自ら作曲した【 フライデーチャイナタウン 】(作詞は荒木とよひさ)で歌手デビュー。

学園祭の女王

 【 フライデーチャイナタウン 】はヒットし、一躍人気歌手となって『学園祭の女王』の異名をとり、松本伊代、少女隊らに楽曲提供するなどマルチに活躍していたが、一方で芸能生活に疲れ、悩んでいた時に偶然新幹線で小朝と再会。運命を感じて交際を始めるとわずか3回のデートで婚約、まだ手もつないでいないスピード婚約だった。なお婚約中に桐朋学園大学に進学したが、朝起きられず、3ヶ月で中退している。

春風亭小朝と結婚し引退

 1年間の婚約期間を経て88年に結婚し芸能界を引退。その後はおかみさんとして小朝をサポートし、97年には小朝の日本武道館公演をプロデュース。落語界初の武道館独演会を大成功させたのをきっかけに、その後も「大銀座落語祭」など様々なイベントに係わり、05年には弟・こぶ平の正蔵襲名パレードにも参加した。

小朝と離婚し芸能活動再開

 07年11月、19年間連れ添った小朝と離婚。小朝、正蔵、いっ平(当時)が同席して金屏風の前で行った離婚会見は話題を集め、離婚後芸能活動を再開すると08年は22年ぶりの新曲【 お陽様よほほえんで 】(作詞作曲:泰葉)をリリースしたほかプロレス、ハッスルにも参戦。ブログ上で小朝を『金髪豚野郎』と罵倒して騒動になるなど「お騒がせタレント」としても注目を集めた。なお小朝との間に子供はいない。

婚約解消

 3年間の活動休止を経て13年に音楽活動を再開。16年には個人事務所『泰葉エンターテイメント』を設立し、社長に就任。

 17年には20歳下のイラン人男性との婚約を発表したが、その後婚約を解消。復縁するも、18年7月、宗教感の違いから結婚は無理との結論になったと発表した。

LAST UP 2020/05/24