辰吉るみ(たつよし るみ)

プロボクシング元WBC世界バンタム級王者・辰吉丈一郎の妻。4歳年上の姉さん女房。1966年2月7日生、大阪府出身。樟蔭東高校(現アナン学園高校)卒業。旧姓:徳丸(「辰吉」の「吉」の字の正確な表記は土に口)。

名前が平仮名表記の理由

 二人兄妹の妹として生まれる。父親は名前を『瑠美(るみ)』にする予定だったが、役所で「瑠」の字が名前に使えないことを知り、急遽平仮名の「るみ」にしたという(現在は使用可)。

トレーナーを目指してジムに入門

 高校卒業後実家の喫茶店『白千館(はくせんかん)』で働いていたが、近所に引っ越してきたプロボクサー・六車卓也(後のWBA世界バンタム級王者)が店に来るようになったことでボクシングに興味を持つ。試合観戦や関連書籍を通して一層のめり込み、20歳の時、自宅近くに出来たボクシングジムに入門。

丈一郎との出会い

 トレーナーを目指して毎日練習や雑用に励んでいると88年、ジムに遊びに来た当時まだアマチュア選手だった辰吉丈一郎と出会う。すでに「天才ボクサー」と騒がれていた丈一郎のことは雑誌で知っていたが全然タイプではなく、初めは全く恋心を抱かなかったものの徐々に人懐っこい丈一郎に惹かれ、同棲を始めると妊娠を機に91年7月に入籍。2ヵ月後に丈一郎が世界チャンピオンになった。るみの父親は結婚に猛反対したが、丈一郎が3日間家に通って説得し、許しを得たという。

二人の息子

 92年1月に長男・寿希也(じゅきや)、96年8月に次男・寿以輝(じゅいき)を出産。二人とも名付け親は丈一郎の父・粂二(くめじ)さん(99年に死去)。

次男・寿以輝はプロボクサーに

 次男・寿以輝は15年4月に大阪帝券ジムからプロデビュー。父と同じく現在プロボクサーとして活躍している。

LAST UP 2019/08/19