ワダマメドットコム

話題の人物のプロフィール、生い立ちを有名人、芸能、スポーツ選手などジャンルにとらわれずに紹介しています

坂本博之(さかもと ひろゆき)

元プロボクサー。SRSボクシングジム会長。元日本ライト級チャンピオン。元OPBF東洋太平洋ライト級チャンピオン。生年月日:1970年12月30日。福岡県田川市出身。小松原高校卒業。身長170㎝。

生い立ち

 幼い頃に両親が離婚。1歳下の弟とともに母親に育てられていたが、小学1年の時に母親が東京へ働きに出たため親戚に預けられる。親戚宅では食事も寝る場所も与えられず、トイレも使わせてもらえず公園で済ませ、暴力も振るわれるなど虐待に遭う。食事は学校給食のみで、川でザリガニやタニシを食べ、時には万引きにも手を染めて飢えをしのいだという。

養護施設「和白青松園」に入所

 小学2年冬に、福岡市の児童養護施設「和白青松園」に預けられる。3度の食事と寝る場所のある温かな生活を送ると、その頃テレビで見たボクシングの華やかさに目を奪われ、ボクサーに憧れるようになった。

母親、弟との生活

 小学3年の夏に和白青松園を退所。母親に引き取られ、東京に転居。中学時代の一時期母親と弟は福岡へ戻ったが、自身は辛い記憶のある福岡行きを拒否し、一人東京で暮らす。

 勉強は全くできなかったが、受験シーズンになると成績優秀な同級生に頭を下げて勉強を教わり、埼玉の私立小松原高校に合格。アパートを借りて弟と二人暮らしを始めた。

高校時代

 高校時代は母親の仕送りを受けつつ、ビルの清掃や工事現場のアルバイトで生活費を稼ぎ、バイクも購入。それまでの辛苦を振り払うように友だちとの遊びに明け暮れる。ケンカは好きではなかったが売られたら買い、返り討ちにしたという。

プロデビュー

 高校卒業後ボクシングを始める。プロテストに落ちたのを機に、友だちとの関係を切り、タバコもやめて本気でボクシングに向き合い、2度目のテストで合格。91年12月のデビュー戦を1回KO勝ちで飾る。

平成のKOキング

 全日本新人王、日本チャンピオン、東洋太平洋チャンピオンと着実にステップアップ。ハードパンチでKO勝ちを量産して『平成のKOキング』と呼ばれ、2度世界ライト級王座に挑むもいずれも判定負け。3度目の世界タイトルマッチでは初回に2度のダウンを奪ったが、右目を負傷しドクターストップによる5回TKO負けに終わった。

畑山隆則と対戦

 2000年10月には畑山隆則の持つWBA世界ライト級王座に挑戦。大きな注目を集めた一戦は期待にたがわぬ激闘となったが、10回KO負けで4度目の世界挑戦も王座獲得はならなかった。この試合は同年の年間最高試合に選ばれている。

椎間板ヘルニア

 畑山戦後椎間板ヘルニアに悩まされるようになる。02年1月の1年3ヵ月ぶりの再起戦は1回KO勝ちを飾るも、02年10月のOPBF東洋太平洋スーパーライト級タイトルマッチは王者の佐竹政一に12回KO負けで東洋太平洋王座2階級制覇ならず。

現役引退、ジムを開設

 03年に椎間板ヘルニアを手術。05年5月、2年7ヵ月ぶりの復帰戦は5回TKO負け。06年1月、タイ選手に3回KO勝ちし、3年7ヵ月ぶりの勝利をKOで飾ると、6月の試合でもタイ選手に1回KO勝ちしたが、11月に次戦での引退を発表。07年1月の引退試合は7回終了負傷引き分けだった。

 10年に東京都荒川区に『SRSボクシングジム』を開設した。

こころの青空基金

 2000年に全国の養護施設の子供たちの支援を目的として「こころの青空基金」を設立。現在講演活動なども行い、子供たちの支援に努めている。

結婚、長女誕生

 02年、保育士をしていた女性と8年の交際を経て結婚。08年に長女が誕生している。

通算戦績

47戦39勝(29KO)7敗1分け。

関連人物

畑山隆則

LAST UP 2020/07/16