竹原慎二(たけはら しんじ)

タレント、元ボクシング世界チャンピオン。1972年1月25日生、広島県出身。青森山田高校通信課程卒業。身長186cm。

原辰徳に憧れて野球を始めるも

 広島県安芸郡に二人兄弟の次男として生まれる。母親は焼肉屋やスナック、雀荘などを手広く経営していたが、父親がギャンブルに溺れて借金を背負ったためほとんど失ってしまったという。

 原辰徳に憧れて小学4年でソフトボールチームに入部。キャプテンも務め、中学校入学後野球部に入部するもあまり面白くなくてすぐに柔道部に転部。郡の大会で優勝するなど好成績を残したが、次第に非行に走るようになり、地元では知られた存在になる。

広島の粗大ごみ

 一方で甲子園に憧れ、高校で野球に打ち込むつもりも受験に失敗。中学卒業後は塗装工や土木作業員などをしながら暴走族に参加し、自身で「広島の粗大ごみ」と語る生活を送っていたが、ボクシング経験者の父の勧めで不良から足を洗って16歳で上京、沖ジムに入門して本格的にボクシングを始めた。

日本人初のミドル級世界王者

 89年にプロデビューすると無敗で全日本新人王、日本王座、東洋太平洋王座を獲得し、95年にWBA世界ミドル級王者・ホルヘ・カストロ(アルゼンチン)に挑戦。圧倒的不利の下馬評を覆し、3Rにボディーブローでダウンを奪って3-0の判定勝利。日本人には不可能と言われ、挑戦者すらいなかった重量級・ミドル級の世界王座を史上初めて獲得し、日本ボクシングの歴史を塗り替えた。なお東洋タイトルマッチではWダウン(両者同時にダウン)という珍しい記録も残している。

引退後

 96年の初防衛戦でTKO負けを喫して王座から陥落し、網膜はく離を発症して現役を引退。翌年沖ジムの事務員だった香織夫人と結婚し、一男一女をもうける。99年にイタリアンレストラン「カンピオーネ」を開店(06年に閉店)。2000年にはテレビ番組『ガチンコ!』のコーナー「ファイトクラブ」に出演して人気を獲得。プロデュースしたサウナスーツも大ヒットした。

畑山隆則とジムをオープン

 02年に畑山隆則とともに「竹原慎二&畑山隆則のボクサ・フィットネス・ジム」をオープン。なお畑山が在籍していた縁で02年に青森山田高校の通信課程に入学し、05年に卒業している。

膀胱がん

 14年2月に膀胱がんと診断される。最悪の場合余命1年と宣告され、同年6月に膀胱の摘出手術を受けた。順調に回復し、16、17年と2年連続ホノルルマラソンを完走。17年6月には闘病記【 見落とされた癌 】を出版。香織夫人も【 夫・竹原慎二のがんを消したカラダにいい食べ物と習慣43 】を出版している。

プロボクシング戦績

25戦24勝(18KO)1敗。

LAST UP 2019/05/27