荻原健司(おぎわら けんじ)

北野建設スキー部ゼネラルマネージャー。元参議院議員。1969年12月20日生、群馬県出身。早稲田大学卒業。双子の弟は荻原次晴

 建築材料販売業を営む家に一卵性双生児として生まれる。雪の多い群馬・草津という土地柄、元アルペンスキー国体選手の父親のもと、3歳でスキーを始める。

 小学校時代は器械体操を習っていたが、次晴の後を追って小学6年でスキージャンプに転向。しかしジャンプ競技では環境が整っている北海道勢に勝てないため、中学入学後ノルディック複合(ジャンプとクロスカントリー)に転向。

 中学1年の時に次晴が全国大会で3位に入賞したが自身は県予選敗退に終わり、悔しさをバネに練習に打ち込んで2年生の全国ジュニアオリンピックでは健司が1位、次晴が2位。3年生の全国中学生大会でもワンツーフィニッシュを決めた。

 長野原高校時代は1年生から全日本選手権に出場。世界ジュニア選手権にも出場し、大学では1年目からインカレ、国体、ユニバーシアードで優勝。W杯で4位に入って五輪代表に選出されるも無名の存在に過ぎなかったが、弱点だったジャンプの克服のために1ヶ月前から練習した「V字ジャンプ」を成功させ、92年アルベールビル五輪ノルディック複合団体金メダルを獲得(個人7位)、一躍スター選手になった。

 北野建設入社後も活躍を続け、史上初のW杯個人総合3連覇、W杯通算19勝など圧倒的な強さで『キング・オブ・スキー』と呼ばれ、94年リレハンメル五輪でも団体金メダルを獲得(個人4位)。

 しかしずば抜けた強さがノルディックの本場・北欧諸国の反発を招き、リレハンメル後荻原に不利なルール改正が行われたため、以前ほどの成績を残せなくなったがそれでも世界のトップとして活躍し、98年長野五輪では個人4位、団体5位。02年ソルトレーク五輪では個人11位、団体8位だった。長野五輪では日本選手団主将を務め、開会式では選手宣誓を行っている。

 02年5月に現役を引退し、04年の参院選に自民党比例代表候補として出馬し初当選。経済産業大臣政務官も務めたが、10年の参院選には出馬せず政界を引退。北野建設スキー部部長就任し、8年ぶりに現場復帰。12年には20年ぶりに国体に出場し(成年男子B)、ジャンプ13位、ノルディック複合4位。翌年はノルディック複合で3位に入り、21年ぶりに表彰台に立った。

 14年ソチオリンピックでは愛弟子・渡部暁斗(北野建設)が銀メダルを獲得した。日本勢のノルディック複合五輪メダルは20年ぶり。

LAST UP 2017/06/11