ワダマメドットコム

話題の人物のプロフィール、生い立ちを有名人、芸能、スポーツ選手などジャンルにとらわれずに紹介しています

塚原千恵子(つかはら ちえこ)

体操競技指導者。1947年8月12日生、長崎県出身。日本体育大学体育学部卒業。旧姓:小田。夫は五輪金メダリストの塚原光男、息子の塚原直也も五輪金メダリスト。

バレエから体操へ転向

 小学校校長の父と長崎市保育課長の母の間に生まれる。小学生でクラシックバレエを始め、宝塚歌劇に憧れて練習に打ち込んでいたが、県立長崎西高校入学後、体操に転向。バレエで培った表現力と足腰の強さでメキメキ上達してインターハイや国体に出場し、名門・日体大に進学した。入学試験の時、隣に座っていたのが後の夫・塚原光男だという。

体操の女王

 猛練習に励んで入部2ヶ月でレギュラー入りし、大学2年の時に全日本学生選手権個人総合で優勝、全日本選手権でも5位入賞。68年にはメキシコ五輪に出場して団体4位、個人総合19位。翌69年には全日本選手権、全日本学生選手権、NHK杯の3冠を達成して「体操の女王」と呼ばれた。

塚原光男と結婚

 大学卒業後日体大の選手兼コーチとなり、70年の世界選手権で団体4位。72年のミュンヘン五輪では補欠に選ばれたが代表選手の選考方法に抗議して辞退し、現役を引退して五輪終了後の10月に同大会の金メダリスト・塚原光男と結婚した。

五輪選手を育成

 引退後は指導に専念し、朝日生命体操クラブ女子監督として真田マキ子、小菅麻里ら数多くのオリンピック選手を育成。ソウル五輪代表で【 太陽とシスコムーン 】のメンバーだった信田美帆も教え子の一人。04年のアテネ五輪では一人息子の直也が団体総合金メダルを獲得した。

女子日本代表監督

 女子日本代表監督を務めた北京五輪では団体5位に入り、6位だったロサンゼルス大会以来24年ぶりの入賞。11年10月の世界選手権で団体総合のロンドン五輪出場権を獲得。ロンドン五輪でも女子日本代表監督を務めた(団体8位)。

パワハラ騒動

 18年8月、リオ五輪代表の宮川紗江選手が塚原夫妻からパワハラを受けたと告発。騒動となり、9月に日本体操協会から職務の一時停止処分を受ける。しかし第三者委員会はパワハラを認定せず、12月に職務停止処分が解除された。

 19年3月、任期満了により、日本体操協会女子強化本部長を退任した。

関連人物

塚原直也 塚原光男

LAST UP 2020/02/24