間中敏雄(まなか としお)

元日光猿軍団校長。1948年6月9日生、埼玉県出身。

新聞配達で家計を助けた幼少期

 7人兄弟の長男として生まれる。家族9人が六畳一間で暮らす貧しい家庭で育ち、家計を助けるため小学1年で新聞配達をはじめる。中学校卒業まで続け、卒業後は定時制高校に通いながら郵便局に勤務。

駆け落ち・結婚

 八百屋や保険のセールスなど職を転々としていた25歳の時に現夫人の清子さんと出会う。すぐに結婚を決意するも清子さんがまだ18歳だったため猛反対され、駆け落ちするも連れ戻されて引き離される。半年以上音信不通になったが町で偶然再会して結婚し、一男一女をもうけた。

猿回しとの出あい

 結婚後もチリ紙交換、温泉の呼び込み、タクシー運転手など転職を繰り返し、テーマパーク『日光江戸村』のオープンと同時に甘栗の販売を始める。その後伝統的な動物芸『ヤマガラのおみくじ引き』も始めたが、その頃にテレビで見た村崎太郎・次郎の猿回しに影響を受け、3匹の猿を買って猿回しを始める。

日光猿軍団オープン

 暴れる猿と格闘しながら我流で芸を仕込み、日光江戸村で披露し始めると、本来一匹の芸である猿回しを集団芸にし、学校を舞台にした出し物で大きな人気を集めて92年に常設劇場『日光猿軍団』をオープン。初日から長蛇の列ができるほどの人気は拡大し、一大ブームを巻き起こした。

 劇場のほかオートキャンプ場やオフロードコースなども運営し、韓国の扶安猿学校設立にも協力。かつてはヘリコプターを購入するなど贅沢な暮らしをしていたが、猿軍団の先生を務めていた長男を95年に交通事故で亡くし人生観が変わったという。

東日本大震災の影響で

 11年3月の東日本大震災による福島第一原発事故で外国人調教師たちが帰国し、客も激減。猿が高齢化するも若い猿に調教する人手が足りず13年8月、同年限りでの閉園を発表、12月31日で閉園した。

日光さる軍団

 15年、村崎太郎が施設を買い取り、新たに『日光さる軍団』として劇場を開設させている。

LAST UP 2019/10/07