ワダマメドットコム

話題の人物のプロフィール、生い立ちを有名人、芸能、スポーツ選手などジャンルにとらわれずに紹介しています

牧野アンナ(まきの あんな)

ラブジャンクス代表。ダンスインストラクター。振付師。1971年12月4日生、沖縄県出身。

映画一家

 曾祖父は「日本映画の父」と呼ばれた牧野省三。祖父は映画監督のマキノ雅弘、祖母は女優・轟夕起子。父は『沖縄アクターズスクール』創設者のマキノ正幸。

1歳で沖縄移住

 東京で生まれたが、1歳で沖縄に移住。父の方針で保育園からインターナショナルスクールに通う。父・マキノは母親(轟)の莫大な遺産で、芸能プロダクションやジャズクラブなどの経営に手を出し、外に愛人がいたため家にはたまにしか帰ってこなかったという。

11歳でアクターズスクールに

 83年に父・マキノが沖縄初の芸能学校『沖縄アクターズスクール』を開校すると、母により半ば強制的に入学させられる。人見知りゆえ初めは泣く泣く通っていたが、すぐにレッスンに夢中になった。

ドラクエⅡの曲でデビュー

 同世代の子がデビューしていく姿に刺激され、14歳でインターナショナルスクールを退学して上京。父のいとこの俳優・津川雅彦のもとに居候し、渋谷のアメリカンスクールに通いながらオーディションを受け、87年にゲームソフト『ドラゴンクエストⅡ』の楽曲【 LOVE SONG 探して 】でデビュー。

沖縄に帰郷

 デビュー曲はそれなりに売れたが、2枚目の【 瞳は元気なブルースカイ 】は全く売れず。当初はマキノ家の娘とちやほやしてくれた周囲も、驕った態度もあって潮が引くように離れていき、仕事もなくなって2年半で沖縄に帰郷。

安室奈美恵のオーラに圧倒されて

 アクターズスクールに戻ってレッスンをやり直すと、20歳の時に自らをリーダーとして安室奈美恵らと『スーパーモンキーズ』を結成。92年9月に【 恋のキュート・ビート 】で再デビューを果たすも、間近で見る安室のオーラに圧倒され、93年にスーパーモンキーズを脱退。再び沖縄に戻り、アクターズスクールのインストラクターとなった。

カリスマインストラクター

 チーフインストラクターとして、のちの『SPEED』らの育成に当たっていると安室奈美恵が大ブレーク。『SPEED』も続き『沖縄アクターズスクール』は注目を集めて生徒が急増し、牧野自身もカリスマインストラクターとして脚光を浴びた。

ラブジャンクス

 02年に日本ダウン症協会の依頼で、ダウン症のある子たちのダンス講師を務めると、生徒の母親から「アンナ先生のレッスンをもっと受けたい」と手紙をもらったことがきっかけとなり、同年にアクターズスクールを辞め、ダウン症のある人のための世界で初めての本格的エンタテイメントスクール『ラブジャンクス』を設立。現在は800名以上が在籍する団体となっている。

AKB、SKEの振り付けを担当

 08年に芸能関係の仕事も再開し、AKB48やSKE48の振り付けを担当。現在は原宿駅前パーティーズの育成などにも当たっている。

結婚出産

 10年にダンスチーム『琉球の風なの?』のぱおと結婚。2度の流産を経て、12年に女児を出産している。

参考文献

【 ダンスチーム ラブジャンクス ダウン症のある子たちと共に 】

作品

【 主な音楽作品 】
【 著書・関連書籍 】

LAST UP 2020/06/18