ワダマメドットコム

話題の人物のプロフィール、生い立ちを有名人、芸能、スポーツ選手などジャンルにとらわれずに紹介しています

高木ブー(たかぎ ぶー)

コメディアン。ミュージシャン。生年月日:1933年3月8日。東京都豊島区出身。中央大学経済学部卒業。身長:160㎝。血液型:O型。本名:高木友之助(たかぎ とものすけ)。

自分の名前が好きではなく

 6人きょうだいの末っ子として東京・巣鴨に生まれる。きょうだいで唯一の昭和生まれ(昭和8年)だが、「友之助」という名前は古臭く感じ、好きではなかったという。

誕生日プレゼントがウクレレ

 45年の空襲で自宅を焼失して千葉・柏に転居。戦後ハワイアンミュージックにのめり込んでいた兄から15歳の誕生日にウクレレをプレゼントされる。高校時代はウクレレに熱中してミュージシャンに憧れるようになり、中央大学進学後音楽研究会に入部した。

東京ガスを蹴って音楽の道に

 ハワイアンバンド「ルナハワイアン」に加入し、クラブで演奏アルバイトを行うなど音楽漬けの大学生活を送ると、父親のコネで内定していた東京ガスへの就職を蹴り、芸名を「高木智之」としてハワイアンバンド「高木智之とハロナ・セレナーダス」を結成。大学卒業後プロのミュージシャンとなった。

仲本工事と出会う

 その後は流行に合わせて「高木智之とハロナ・リズム・コーラス」「ニュー・フレッシュメン」とバンドを組み替えたものの長続きせず。リーダーを務めることに負担を感じていた時、ジェリー藤尾に誘われてジェリーのジャズ・バンド「パップ・コーンズ」に加入。そこでセカンドシンガーだった仲本工事と出会う。

いかりや長介に誘われて

 エレキ・ブームが起こると「パップ・コーンズ」を抜けて仲本らとエレキバンド「シャドーズ」を結成したが、63年9月、脱退したメンバーの代わりを探していたいかりや長介に誘われ、コミックバンド「ザ・ドリフターズ」にギタリストとして加入した(同日に荒井注も加入している)。

 なお62年に結婚し(夫人は94年に死去)、63年に一人娘のかおるが誕生(名付け親はジェリー藤尾)。いかりやがミルク代としてギャラを上乗せしたことがドリフ加入の決め手になったという。

高木ブーの名付け親は

 ザ・ドリフターズではハナ肇が付けた芸名「高木ブー」で活躍し、66年には「ザ・ビートルズ」の日本公演の前座も担当。69年にはテレビ番組【 8時だヨ ! 全員集合 】がスタート、85年に終了するまで16年間放送され、最高視聴率は50.5%を記録した。

いかりや長介が死去

 04年にリーダー・いかりや長介が死去したがザ・ドリフターズは解散せず。仲本工事、加藤茶と結成した【 こぶ茶バンド 】などで音楽活動も行っている。

娘の勧めで免許証を返納

 14年には【 ザ・ドリフターズ結成50周年記念 ドリフ大爆笑 DVD-BOX 】が発売。17年には娘の勧めで、運転免許証を返納した。

志村けん死去

 20年3月、新型コロナウイルスによる肺炎のため、志村けんが死去。追悼番組で「志村は死なないの。ずっと生きてる」と語り反響を呼んだ。

参考文献

【 第5の男 】

LAST UP 2020/09/17