黒澤和子(くろさわ かずこ)

衣装デザイナー。1954年4月29日生、東京都出身。成城学園高校中退。

誕生日は七人の侍の打ち上げの日

 映画監督・黒澤明と女優・矢口陽子(黒澤作品【 一番美しく 】の主演。結婚を機に引退)の間に生まれる。二人兄妹で兄は映画プロデューサーの黒澤久雄。

 誕生日は父・黒澤明の監督作品【 七人の侍 】の打ち上げの日で生まれた時、父は三船敏郎や志村喬、橋本忍らと宴会をしていたという。

天国と地獄公開時の苦難

 幼稚園から成城学園に通うも、小学生の頃は深刻ないじめに遭って不登校も経験。63年の黒澤明監督作品【 天国と地獄 】公開時には映画をなぞらえ「娘を誘拐する」などの脅迫やいたずらが相次いで外に出られず、車で登下校する受難もあったという。 

デザイナーに憧れ

 中学生になると学校が楽しくなり、ファッションデザイナーに憧れるようになる。高校時代は髪を染めてパーマをかけ、細い眉毛にミニスカートで不良少女の格好に身を飾り、高校中退後の72年にSUNデザイン研究所スタイリスト科に入学。卒業後はスタイリストをしながら伊東衣服研究所デザイン科にも通った。

黒澤プロダクション取締役に

 76年に俳優・加東大介の息子で工業デザイナーの加藤晴之と結婚。翌年の長男出産後、夫の都合でイタリアに渡り、78年に次男を出産。79年に帰国したが83年に離婚、同年にデザイン会社を設立するも、85年に母親が死去。会社を閉鎖して黒澤プロダクション取締役に就任した。

黒澤組の衣装部に配属

 父の誘いで88年に「黒澤組」に加入。衣装部に配属され、映画【 夢 】に衣装担当として参加。【 八月の狂詩曲 】からは衣装デザインを担当し、【 まあだだよ 】でも衣装デザインを手掛けた。再婚はしていないが、93年に三男を出産している。

雨あがるや座頭市を担当

 98年に黒澤明が死去。その後も黒澤明脚本(小泉堯史監督)の【 雨あがる 】、北野武監督の【 座頭市 】などを手掛け、現在も衣装デザイナーとして活躍。長男・加藤隆之は俳優として活躍している。

麒麟がくる

 16年のNHK連続テレビ小説【 とと姉ちゃん 】や18年の大河ドラマ【 西郷どん 】でも衣装担当。20年の大河ドラマ【 麒麟がくる 】でも衣装デザインを担当し、カラフルな衣装が話題を呼んでいる。

LAST UP 2020/01/23