鈴木彩香(すずき あやか)

女子ラグビー選手。ポジション:SO/CTB。1989年9月30日生、神奈川県出身。関東学院大学卒業。立正大学大学院在学。身長168cm、体重62kg。

しつけに厳しい父

 横浜市に二人兄妹の長女として生まれる。元高校球児で体育会系の父はしつけに厳しく、子供の頃は兄妹げんかをすると、裸で外に出されたという。

小学2年でタグラグビー開始

 汐入小学校2年生の時、近所で指導していたコーチに誘われ、タグラグビー(タックルなど接触プレーが禁止)を始める。俊足を生かしてトライを量産し、男女混成チームながら、同級生で親友の山口真理恵(女子7人制日本代表)とともに中心選手として活躍。3年生からはラグビーにも取り組み始める。

県大会100mハードルで優勝

 寛政中学校では陸上部に所属し、県大会100mハードルで優勝して、全国大会にも出場。陸上中心だったものの、中学2年で女子ラグビーユース強化選手に選ばれた。中学時代は成績も優秀で、生徒会長も務めたという。

女子7人制日本代表初選出

 県立鶴見高校時代も陸上を続ける一方、ラグビーでもユース代表のニュージランド遠征やオーストラリア遠征に参加し、07年には女子7人制日本代表に初選出。

15人制代表にも選ばれ

 大学進学後はラグビーに専念し、08年には15人制代表にも選ばれて、持ち前のリーダーシップと闘争心でチームを引っ張り、7人制、15人制の両方で活躍。U23の7人制代表キャプテンにも就任した。

コーチでタグラグビー全国優勝

 現在は7人制が正式種目となる16年リオデジャネイロ五輪を目指しながら、競技の普及にも努め、汐入小学校『リトルベアーズ』のコーチとしてタグラグビーで全国優勝を達成。美人アスリートとしても注目されている。

LAST UP 2013/05/25