五明みさ子(ごめい みさこ)

元新体操日本代表ヘッドコーチ。1949年2月25日生、東京都出身。東京女子体育大学卒業。

藤村女子高校新体操部

 中学生の時に受験雑誌で見た藤村女子高校新体操部に惹かれ、同校に進学して新体操を始める。しかし名門校ゆえ選手層の厚さから試合出場すら出来ず、高校限りで引退して就職するつもりだったが、3年生の時に一度だけ出場した大会で優勝して再び新体操に魅了され、推薦で名門・東京女子体育大学に進学。

恩師・加茂佳子のもと

 恩師・加茂佳子のもとで練習に打ち込み、1年生から同大恒例の新体操研究発表会に出場。2年生からは公式戦にも出場し、4年生で団体から個人に転向すると71年には世界選手権出場も果たした。

アキレス腱を断裂

 大学卒業後は私立高校の教員をしながら現役を続けていたが、72年、翌年の世界選手権出場に向けて行っていた合宿中に右足アキレス腱を断裂。治療中に再び同じ右足アキレス腱を断裂して現役を引退した。

フェアリージャパン

 引退後は指導者に転身して東女体大や日本代表コーチを務め、山崎浩子や秋山エリカら多くの五輪選手を育成。08年北京オリンピックでもヘッドコーチとして新体操団体日本代表「フェアリージャパン」を率いたが、予選敗退の10位に終わった。

 北京後も日本代表ヘッドコーチを務め、日本で行われた09年世界選手権で悲願のメダルを目指すも団体総合8位。団体種目別リボン・ロープは過去最高タイの4位に入ったがメダル獲得はならず、同年にヘッドコーチを退任した。後任はロシア人のインナ・ビストロヴァ。

LAST UP 2010/12/21